極品軒(ジーピンシェン/台北) どこが小やねんと突っ込んでしまう東坡肉☆ - とある台湾観光の旅行記録

極品軒(ジーピンシェン/台北) どこが小やねんと突っ込んでしまう東坡肉☆

今回は台北で有名な東坡肉のお店、極品軒(ジーピンシェン)に行きました☆ 最寄り駅は台北駅の南隣、MRTの台大医院駅なんですが、今回宿泊している台北駅前のホテルからも歩いて10分強で行くことができます。

前回行った時、土曜日の昼でかなりの混雑だったので、今回は平日ながら万全を期して17時台に入店しました。既に何組か食事をしていましたが、入れないほどではなかったです。ただ、2階席が披露宴か何かで貸し切りだったようで、帰る頃にはかなりの混雑となっていました。

このお店、前回は1人で行ったのですが、2品しか注文していないのにあまりに多すぎて残すという失礼なことをやってしまいました。今回は2人なので、前回の2倍は食べられるはずですが、残すと申し訳ないので、少し少なめに注文したいと思います。

入店すると、テーブルの上にキュウリ漬けが置いてありました。これは通常有料なので、ケチりたい人は気をつけていなければいけません。スルーしていれば、そのまま店員さんが片付けてくれるのですが、私はキュウリ好き☆ なので、頂くことにしました。

で、こちらが今回のメインメニュー東坡肉です。日本円に直すとおおよそ1000円でした。こちら、写真では大きさが伝わりにくいかもしれませんが、日本の居酒屋で出てくる角煮のおおよそ6倍以上はあるでしょう☆

見たままではとても食べにくそうですが、この後店員さんがはさみで食べやすいサイズにカットしてくれますので安心です。また、付属の包子が6個もついておりこの1品だけでもお腹いっぱいになってしまいそうです。

さすがに1品だけでは悲しいので、小籠湯包をあわせて注文しました。こちら、ちょうど東坡肉が食べ終わるのを見計らってサーブされるという心配りです。湯包というだけあって、中にスープがたっぷり入っており大変おいしく頂きました。箸でつまむ時に、誤ってスープをこぼしてしまうのは様式美と言った所でしょうか・・・。

この3品を食べて、全部で2000円弱、一人当たりだと1000円以下で収まりました。大人の男性の方だとこれだと少ないかもしれませんけど、日本の感覚だと手頃な値段で食べられるので、食べたいものはガンガン頼めて安心できますね☆

極品軒(ジーピンシェン/台北)

住所:台北市衡陽路18号
行き方:MRT「台大医院」駅から徒歩3分。台北駅からは徒歩10分強。

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ