3月のANA台湾発券日本行きビジネスクラスと、人気の台北サントスホテルを予約完了☆ - とある台湾観光の旅行記録

3月のANA台湾発券日本行きビジネスクラスと、人気の台北サントスホテルを予約完了☆

3月の台北発ANA台湾発券ビジネスクラスとホテルの予約を完了しました☆

現在、2月の台北・金瓜石の旅行から帰ってきた所でして、日本から台北までのチケットが余っていることになります。マイルとプレミアムポイントを大量に獲得するため、一回沖縄まで行くという、飛行機ファン以外には信じられないチケットかと思いますが、台北発券のチケットは国内線を1区間+2000台湾ドル(=5,400円くらい)でつけられるため、時間さえあれば大量に付加されるマイルの価値を考えると、実質ただ乗りに等しいものと考えています。

そして、下記が今回の旅行の為に購入した新しい台北発券のビジネスクラスのチケットです☆ 今回の値段は往復で総額約27,000台湾ドル(=約73,000円くらい)です。この1週間で5%くらい円安が進んでしまったため、前回のチケットよりは少し高くなってしまいましたね。

台北発券のチケットは元のチケットが安いのはもちろんなんですけど、燃油サーチャージが全然違うという点が大きいように思います。台北⇔日本の燃油サーチャージは1,376台湾ドル(=3,500円くらい)しかかかりませんからね☆

今回も、2月に買ったチケットとあまり変わりはありませんが、台湾から日本に帰ってくる時の目的地を神戸や伊丹ではなく、あえて福岡空港にしました。これは、台北発のチケットの場合、東京から大阪に乗り継いでも福岡に乗り継いでも追加料金0であるため、せっかくなので、福岡に1泊して美味しいものでも食べようと言うわけです☆

このチケットを購入したことにより、3月の台北近郊旅行の行程は以下のようになりました。

日本→台湾の行程

  • ANA105便:伊丹空港→那覇空港
  • ANA120便:那覇空港→羽田空港
  • ANA1187便:羽田空港→台北松山空港

台湾→日本の行程

  • ANA1084便:台湾桃園空港→成田空港
  • ANA2145便:成田空港→福岡空港
  • ANA428便:福岡空港→伊丹空港

ちょっと乗り過ぎ?の感もあるんですけど、時間がある時は、わざわざ遠回りをして、マイルをガンガン貯めておいた方が、後々特典でビジネスクラスやファーストクラスに乗る時に役立つんですよね☆

さて、今回の宿泊ホテルについては、いつものエクスペディア先生にお願いしました。新北投温泉の温泉旅館で1泊8,000円くらいの安いプランが出ていたので予約しようか迷ったんですが、台北に4泊の滞在だと、新北投温泉は都心からちょっと遠く不便なので、新北投温泉は台北への滞在が1泊だけになる時まで置いておきたいと思います。今の所、4月の台湾行きのチケットは台北を1泊にして、キャセイパシフィックのビジネスクラスを追加して、東南アジアまで足を伸ばそうかなと考えているためです。

さて、今回はちょっと日付が悪い(なんらかのイベントが重なっている?)のか、ビックリするような値段の安いセールは新歴付近にしかなく、台北市内の民権西路にあるサントスホテルを予約することにしました☆

こちらのサントスホテル、台北行きの安いツアーでは良く見かけるんですけど、実際に宿泊したことはないんですよね。1泊7,500円とこの前に宿泊したビューティー ホテル - シュアンメイほど格安という値段では取れなかったんですけど、良く名前を見るホテルだけに宿泊を楽しみにしておきたいと思います☆ 内容はともかく、立地は結構いいですからね。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ