これぞ世界の鼎泰豐(ディンタイフォン)ですわ☆ (台北/忠孝復興) - とある台湾観光の旅行記録

これぞ世界の鼎泰豐(ディンタイフォン)ですわ☆ (台北/忠孝復興)

先日、鼎泰豐の前まで行ったけど、混み過ぎていたので結局食べませんでした。この鼎泰豐なんですが、国内主要都市には既に出店しているので、わざわざ台湾に来てまで食べることはないかなぁとは思っていたのですが、鼎泰豐は文化であると考えているので、台湾に来たらやはり食べておきたい所ですよね。今回は、昼間以降は激混みでなかなか入ることのできない、忠孝復興SOGOのB2階に入っている鼎泰豐に行ってまいりました。

こちらの鼎泰豐、なんと朝10時から営業しているんです。ということで、行くなら朝10時がオススメ☆ どの時間に行っても大抵並ぶはめになってしまうのですが、この時間だと間違いなく入ることが出来ますよ。

さて、ホテルを9時45分にでてMRTで2駅。狙い通り、10時1分に忠孝復興のSOGOに到着です☆

早速、鼎泰豐に入って見ることにしましょう。

テーブルについてみると、店員のお姉さんに小籠包の食べ方を渡されます。日中韓英と何語でも説明が書かれてあるので便利ですよね。正直、初めてだと良く食べ方が分からないかもしれないので、こういうのは助かります。日本の鼎泰豐に行っても、こういう食べ方講座は席に置いてありますよね。

鼎泰豐メニュー

さて、席に座っていると、お店の人が小菜を運んできてくれます。いくつか持ってきてくれたものの中から自由に取るんですけど、今回はきゅうりの漬け物をいただきました。

鼎泰豐きゅうりの漬け物

続いて、酸辣湯です。こちら、辣味と原味を選べるってことだったので、原味を選んでみたんですけど、原味には全く辛みがありませんでした。これは失敗した失敗した失敗した・・・

と書きながら、さすが鼎泰豐、辛くなくても十分美味しかったです。でも、ちょっと酸っぱいのが好みなのであれば、間違えずに辣味を選ぶようにしましょうね☆

鼎泰豐酸辣湯

そして、お待ちかねの小籠包です☆ 台湾で食べると店毎に何個入りか違う気がするんですけど、ここのは6個入りでした。110元は台湾では高いけど、日本だともっと高いのでまあこんなものかな?味は言うまでもなく天下一品でした。

鼎泰豐小籠包

そして、〆にはあんこ小籠包をいただきました。1人前のデザートとしてはちょっと多い気がするんだけど、まあミニマムでの注文がコレだからしゃあないですわね。最近、3回連続でコレを注文してる気がするので、次回は違いデザートを頼むことにしよう☆

鼎泰豐あんこ小籠包

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ