台北101で夜景がキレイに見えなければ、珊瑚や宝石を見ればいいんじゃない? - とある台湾観光の旅行記録

台北101で夜景がキレイに見えなければ、珊瑚や宝石を見ればいいんじゃない?

せっかく台北101まで行ったのに、全然夜景が見えなかったよ〜。という方、本当に残念でした。そう言う時は、バーチャル夜景で楽しむのも一興かなとは思うんですけど、思い切って気持ちを切り替えて

そう、私は夜景を見に来たんじゃない、珊瑚や宝石を見に来たのよ!

なんて強がってみるのはいかがでしょうか?故宮博物院のような大々的な展示には及びませんけど、ここもかなり時間をつぶせるくらい色々な展示がなされているので、それを見るために来たと考えても価値があるのではないかなと思います。実際は、お土産の珊瑚・宝石を売るために置いてるとは思うんですけど、ここはそういう気持ちは忘れて思いっきり美術として楽しむことにしましょう☆

台湾の珊瑚は採ってもいい珊瑚なんです。

沖縄とかで珊瑚礁の保護が叫ばれてるけど、いくら台湾の名物が珊瑚だからってガンガンとっちゃっていいの?という声が聞こえてくるかもしれません。実際、私もそう思っていたんです。でも、ここの展示の英語の説明を読むと、沖縄で保護しなくてはいけない珊瑚は浅い海の珊瑚で、台湾で取っているのは深い海の珊瑚が中心。この深い海の珊瑚は保護しないといけない対象には入っていないんだとか。動植物関係の英語は意外に難しいので、翻訳が間違ってたらごめんなさい。

台北101珊瑚関羽様

さて、中華圏でお決まりの関羽様がまたも登場です。

台北101珊瑚

写真がちょっとぼけ気味ではありますが、なんて精巧な珊瑚細工なんだ!と思いません? ここまでは89階に展示されていた珊瑚でした。本当はこれだけではなく、何十点もの展示がされているので、一個一個じっくり見ていくとかなりの時間がかかると思います。

そして、87階へと階段で降りていきます。ここはお土産物フロア・・・

台北101珊瑚

89階では珊瑚の展示だけが中心でしたけど、土産物フロアに入ってさらに本気を出します。展示だけではなく、英語と中国語でのかなり詳しい説明文もついてきました。

台北101宝石

かなり精巧な細工ですね。

台北101宝石

こんな大きな翡翠になったらいくらするの?

台北101宝石

アメジストもこんなに巨大☆ でも、アメジストはさすがに台湾製じゃない気がするなぁ。と思って調べると、ブラジル・スリランカ・マダガスカル辺りが主な産地だとか。でも、日本でも採れるそうなので、それくらいなら台湾でもある程度は採れるのかしら?

本当はお土産フロアでいろんな売ってる宝石をもっと吟味したいなぁと思っていたんですけど、英語の説明をいちいち読んでいっているので、ここでなんと閉店の時間午後10:00になってしまいました。こんなに見る所あるんだったら、もうちょっと早く来ておけばよかったかしら!? 私は2時間も滞在してしまいましたが、夜景だけが目当てって人なら1時間もあれば十分かな?と思います

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ