伊丹空港ANAラウンジとANA105便 伊丹空港→那覇空港 - 祇園いづつ屋の弁当☆ - とある台湾観光の旅行記録

伊丹空港ANAラウンジとANA105便 伊丹空港→那覇空港 - 祇園いづつ屋の弁当☆

今回のフライトは、台湾に行くための台湾発券のチケットの付属としてつけた、国内線の寄り道部分になります。そのため、カテゴリをどこに入れるのか迷ったんですが、寄り道部分だけまとめて2012年3月 沖縄・福岡とすることにしました☆ 実際、沖縄ではホテルでたまった仕事をしていたので、観光は0だったんですけど、飛行機はちゃんと乗っているので、それだけはアップしておくことにしたいと思います。

さて、今日の伊丹空港からの沖縄那覇空港行きですが、ホームの神戸空港ではすっかり見かけなくなってしまった、ボーイング773が当てられています。まあ、本当は沖縄行きなんて伊丹からガンガン出した方がお客さんが付くに決まってるんですけど、伊丹からは新千歳と那覇行きはほとんどないですよね。お客さんを取り逃がしているようで、ちょっともったいない気もしますけど。ちなみに、伊丹空港は出発ボードを見てもわかるように、ボンバルディア天国なのも特徴です。小型機で色々な所に飛ばすってのが、これからの地方の国内線のあり方なのかなぁ・・・。

伊丹空港発着ボード

さて、なんと今日の那覇空港行きは大型機が投入されているにも関わらず、普通席のみならずプレミアムクラスまで完全満席ということになっています。なんてことない平日の昼間の便にしては驚きの混雑ですね。実際は、修学旅行のお客さんでいっぱいだったので、その混雑は後で納得することになりました。

恒例の伊丹空港ANAラウンジにやってまいりました☆

伊丹空港のANAラウンジは上下の2階層になっていて、めちゃくちゃ広いんですよね。新千歳や那覇のANAラウンジはいつも押し合うくらいの混雑になっているのに、この伊丹空港のラウンジはスペースに恵まれているからか、そういった様子をほとんど見たことがありません。ラウンジっていうからには、これくらいのスペースはとってほしいものですけどね。

伊丹空港ANAラウンジ

さて、今回もお決まりの野菜ジュースをいただきました☆ 普段、野菜不足な生活が続いているので、こういうところではバッチリと飲んでおきたいと思います。

今回のプレミアムクラス、匠味は祇園にある和食の名店です。

ANA飛行機

今回、神戸空港も伊丹空港も選ぶことができたんですけど、値段が同じだと伊丹空港のプレミアムクラスを狙った方が、機内食が匠味ということがあり、なんかお得感を感じるんですよね。プレミアムクラスって、どこから乗っても+7,000円ですけど、匠味の方が弁当が豪華な分、ちょっとだけお得なんじゃないかと思います。

プレミアムクラス機内食

プレミアムクラス機内食2

  • ちらし寿司
  • 凍り蒟蒻胡麻和え
  • 穴子八幡巻/チェリートマト甘酢漬
  • 筍とタラの芽の炊き合わせ
  • 鯛白祐庵焼
  • 海老かき餅揚げ

今回のメニューはこんな感じでした☆ 和食弁当自体はすごく美味しかったんですけど、なんと弁当を配っている最中にベルト着用サインが点灯するくらいの揺れが。まあ、私は揺れには強いので、そういう中でも頑張ってお弁当をいただいたんですが、せっかくの美味しいお弁当は、もうちょっと優雅なフライトでいただきたかったですね☆

コーヒーとクッキー

今回も定番のコーヒーとクッキーをいただきました☆ 今回のクッキーもいつもと同じメーカーのものなんですけど、ちょっとだけ味が濃くなった気がします。生地自体に何かが練り込まれてるという感じでしょうか?私はこちらの方がお気に入りですね☆

紅茶

普段はここまでしかいただかないんですけど、今回はちょっと時間が長めのフライトだったんですね。それで、横の人が飲んでいた紅茶が美味しそうでさらにいただいてしまいました。この銘柄、シンガポールの高級店の有名なやつだそうです。ちゃんと3分間蒸らしてくれるため、出てくるのに非常に時間がかかりますけど、いい香りがしてとても美味しくいただきました。普段、コーヒーばかりいただいてるけど、たまには紅茶もいいものですわね☆

ANA105便 伊丹→沖縄那覇(プレミアムクラス)
今回の搭乗マイル(ボーナス込み)→1,662マイル
今回のプレミアムポイント→2,247ポイント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ