ダイワロイネットホテル那覇おもろまち。5,800円でこれなら、他のビジネスホテルは恥ずかしいんじゃない? - とある台湾観光の旅行記録

ダイワロイネットホテル那覇おもろまち。5,800円でこれなら、他のビジネスホテルは恥ずかしいんじゃない?

3月の台北旅行の前後につける国内線。マイルとプレミアムポイントを大量にいただくために一旦那覇にやってまいりました。国際線の航空券に付属する国内線は24時間までしか乗り継ぎ地点に滞在できないので、今回は約21時間の滞在となります。まあ、実際は21時間あれば美味しいもの食べて、1〜2カ所は観光できるんですけど、今回はちょっと仕事がたまっていたため、乗り継ぎの時間はホテルでお仕事となりました。

那覇空港に到着すると、出迎えてくれたのは快晴の空☆ このブログはタイトルからして台湾好き女子が書いているので、台湾が一番好きではあるんですけど、実際は中国語が出来ないから、住むなら沖縄・月に1回羽田経由で台湾旅行っていうのが理想の生活かな☆ 実は那覇ー台北はチャイナエアラインが飛んでいて、直行で1時間半で行けるんですけど、チャイナエアラインの独占区間だからか、羽田空港を経由した方が、ANAやJALの日本発着の激高正規運賃ですらそっちの方が安いんですよね。どれだけ沖縄県民からボッタクリしてるんだよチャイナエアライン・・。

さて、ゆいれーるの那覇空港駅に着くと回送電車が待っていました。昼間の時間帯は那覇空港に来た電車がそのまま首里方面に帰っていくイメージなので、これは珍しいのかも?

私のお気に入りチェーン、ダイワロイネットのおもろまち店

さて、これからは本題のダイワロイネットホテル那覇おもろまちの話題。このホテルは2011年の11月にオープンしたばかりの新築ビルにあるホテルなのです。このビル、この辺りにしては超高いビルディングなので、オープン前近隣で反対運動が起こっていたのはちょっと前の話。ホテル利用者としては、便利なので、使わせてもらうことにします☆

本来、ダイワロイネットホテルはビジネスホテルの中ではちょっと高めの位置づけだと思いますので、この5,800円というのは開店直後だけの価格でいずれは高くなってくると思うんですが、もしこの値段で泊まれるのであれば、近所にある東○インなんてもう話になりません。それはどうしてか・・・見てみてください☆

ホテルはおもろまち駅から徒歩7分くらい。その微妙な距離が安さにつながっているのかな?9階にあるフロントからはテラスに直結しており、向こうにはコールセンターを経営しているトランス・コスモスのビルを見ることが出来ます。

気になるお部屋の中はど〜なってるの!?

このハンガーの量☆ しかも、100円均一ショップで売っているようなハンガーではないですよね。1週間くらいの沖縄滞在になるときは重宝しそうです。

あるとうれしいリセッシュ。ここまであるビジネスホテルはなかなかないですよね。私は長期間旅行だと自分で持っていくんですが、ここダイワロイネット那覇おもろまちならその必要はありません。

オシャレな椅子、大きなテレビ、ゆったりとしたダブルベットと言うことなしです。

宿泊するたびに何かプレゼントをもらえるような気がするんですが、今回はドリップコーヒーをいただきました。まだ、スーツケースに入ったままだけどね☆

気になるお風呂はこんな感じ。シャンプー類は専用のボトルに入っています。

とこんな快適なダイワロイネットホテル那覇おもろまちなんですが、今回は次の日の羽田空港行きが朝8:00発だったので、朝6時過ぎまでしかホテルに滞在することができませんでした。まあ、これくらいの値段が続く限りは、来月以降も月1回来るかもしれないけどね・・・!?

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ