ベルギー産の謎のお菓子、ジュールス・デストルーパー (羽田空港国際線サクララウンジ) - とある台湾観光の旅行記録

ベルギー産の謎のお菓子、ジュールス・デストルーパー (羽田空港国際線サクララウンジ)

羽田空港国際線サクララウンジに来ています。新しい東京の顔、羽田空港のサクララウンジだけあって、こういったちょっとしたディスプレイがオシャレですよね。関西空港もコレくらいオシャレにしてくれるともうちょっとJAL使おうかなって思うかもしれないのに・・。

サクララウンジ

午後7時半前後にやってきたこのサクララウンジ、超豪華なブッフェも食べたし、マッサージもシャワーも使ったし、そろそろ出発時間が近づいてきたんじゃない?と思って時間をチェックするため、出発ボードを見てみました。

搭乗ボード

まだ100分しか経ってません!

集合時間まであと2時間20分もあるじゃないですか。こういう時、どうやって過ごすのがいいんだろうなぁ・・。

時間が余っているときはお菓子を食べながら新聞や雑誌を読むに限ります。

サクラバー

羽田空港国際線のサクララウンジは、お酒が(多分)豊富にあります。私自身、お酒を飲まないからあんまり詳しくないんですけど、コレって見た目だけでも結構オシャレですよね。まあそれとは反して、ラウンジで飲む人は特に国内線では見た目からして下品な人が多い気がしますけど・・。しかしながらさすが国際線。まるで居酒屋かと勘違いしてしまうかのような国内線のラウンジの雰囲気とは違い、落ち着いてお酒を飲んでいる人が多かったように思います。

ジュールス・デストルーパー

普段、体重を気にしてお菓子はあまり食べない私なんですが、さすがに時間がありすぎるので、サクララウンジに置いてあるお菓子をいただくことにしました。今回はベルギーの名店のクッキーが置いてありましたよ。ベルギー王室御用達のクッキージュールス・デストルーパーという銘柄だそうです。

ベルギー王室御用達のクッキージュールス・デストルーパー ベーカリー缶 クッキー(383g)

19世紀から変わらぬレシピで作られているデストルーパー家のバターワッフルは、ベルギー王室御用達の高品質な風味が魅力です。バタークランブルは、バターを26%も贅沢に使用し、バニラ風味を加えて焼き上げたフワフワ食感のワッフルクッキーです。

見た目からして美味しそうですよね☆ ラウンジが暖かいためか、チョコがちょこっと溶け気味だったんですけど、美味しくいただきました。うちに来客が多いんだったら、お客さん向けに出してもいいかな?と思える美味しさでした。

平井茂雄

雑誌を読んでいると、平井茂雄さんというショコラティエの紹介がありました。なんと神戸市出身の方で2009年にワールドチョコレートマスターズ2009という名前からしてスゴそうな大会に優勝されたんだそうです。そういう平井茂雄さんは神戸のオシャレ街北野に店を出しているそうです。ウェブサイトを見ただけではどんな商品があるかよくわかりませんけど、今度一度行ってみようかな?

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ