サンフランシスコの電車、BARTで空港からサンフランシスコ中心部まで☆ - とある台湾観光の旅行記録

サンフランシスコの電車、BARTで空港からサンフランシスコ中心部まで☆

憧れのJAL002便ビジネスクラスで羽田空港からサンフランシスコにやってまいりました。サンフランシスコ国際空港から市街地まで色々行き方はあると思うんですが、私が今回選んだのは電車のBARTです。このBART、サンフランシスコ都心では地下鉄の代わりになっていて郊外では地上を走り、日本でいうJRの役割をしています。普通、初めて来た旅行客といえばタクシーで一気にホテルへ・・なんてのが定番なんでしょうけど、そんなにあっさりいっちゃうと旅らしくないよね☆

初めての街なので苦労すると思うけど、早速行ってみましょうか☆

mifi

まずは、旅行のお供、Wi-fi通信が出来るMi-Fiの電源をオンにします。台湾で借りたMi-Fiとは全然形が違っているんですね。こちらのMi-Fi、サンフランシスコの都市部では非常に役に立ちましたけど、ヨセミテなどの田舎地域ではさっぱりつながりませんでした。アメリカに行く予定のある人は、郊外では使えないことも・・・ということを覚えておいてくださいね☆

サンフランシスコ空港の案内

さて、BARTの乗り場を探してみるとしましょう。サンフランシスコの空港の案内は結構分かりやすくて、このBARTと書かれたサインに従っていくと、そんなに迷うことなくBARTの乗り場にたどり着けるのではないかと思います。

BART切符売り場

さて、歩いて10分しないくらいでBARTの切符売り場に到着です。海外では切符を買うのが難しいんですよね・・・。この切符販売機は

  • お金を入れる(もしくは、クレジットカードを挿入口に入れる)
  • 右上の方に書いてある料金表から降りる駅の料金を探す(文字が小さくて探すの大変!)
  • 最初画面には10$と出ているので+ー1$・+ー0.1$の4つのボタンを使って買う金額を調整(今回は8.1$でした。)

と、ちょっとややこしい買い方でした。日本のJRの切符売り場って分かりやすいんだなぁと感心です。

BART切符

とちょっと苦戦はしましたけど、無事にチケットをゲットしました☆

アメリカの電車ってもうちょっと荒れてるイメージだけど、ここは違うわね☆

BART電車

この時間のBARTは20分おきくらいに都心方面に向けて発車しています。しばらく待っていると市内方面行きのBARTがやってまいりました☆

BART路線図

こちらが路線図です。空港から市内中心部にはどの電車に乗ってもいけると思うんですけど、市内中心部から郊外に行く時は行き先に気をつけないと、全然違う所に連れて行かれてしまいそうですね。

BART椅子

こちらが椅子です。空港からだと荷物が多いので、横並びのロングシートの方がうれしいんですけど、必ずしもBARTは空港客の為にあるわけではないので、それはちょっと厳しいのかな?荷物が少ない人だと、この形式の椅子(クロスシート)の方が快適ですもんね。また、車内はイメージと違って、かなり清潔に保たれていて、ゴミも落ちていません。サンフランシスコの電車は旅行客にも安全・安心ですね☆

BART行き先案内

行き先はサンフランシスコ市内ですが、市内を通り抜けてBAY POINTという所まで行きます。ここは結構郊外らしいですね。車両は全部で10両もあるので、まず間違いなく座ることができるんじゃないでしょうか。

BARTパウエルストリート駅

車窓もガンガン写真に撮りたかったんですけど、ちょうど暗くなっていく時間でいい写真は撮れませんでした。残念。と、大体30分くらい乗って、今回泊まるホテルニッコーサンフランシスコがあるパウエルストリート駅に到着しました。ここは、サンフランシスコの繁華街の一つだそうで、めっちゃ栄えてるんですよ☆ 別の記事でご紹介しますね。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ