ヨセミテオプショナルツアーは日帰りではなく最低1泊2日にすべきね。さあ、バスツアーに出発ですわ☆ - とある台湾観光の旅行記録

ヨセミテオプショナルツアーは日帰りではなく最低1泊2日にすべきね。さあ、バスツアーに出発ですわ☆

台湾ではオプショナルツアーにあまり頼らずに地元の人の優しさに助けられながら何とか旅している私なんですけど、サンフランシスコは初めての土地なのです。まあ、話されている言語が私にとって謎の言語ではなく英語ってこともあるので、アメリカの優しい人に助けてもらいながら進んでいけば何とかなるかな?とも思ったんですけど、サンフランシスコは台湾と違って滅多に来れない所。効率よくまわる為に、゜:*★サンフランシスコのオプショナルツアー予約Alan1.net★*:°のオプショナルツアーに申し込んでしまいました☆

ヨセミテの日帰りバスツアーってサンフランシスコ観光の定番らしいですね

私は旅行のパンフレットを見るのが趣味なので、サンフランシスコからヨセミテの日帰りツアーがたくさん出ていることはよ〜くわかっているつもりです。実際、日帰りで行く人が圧倒的に多いそうなんですけど、実はサンフランシスコからヨセミテまでは300キロ以上もあるのです。このサイトは台湾ファンが多いので、台湾で例えると台北〜高雄が約350キロ。新幹線なら日帰りツアーでも許容範囲かもしれませんけど、車で行くのにこの距離を日帰りしますか?そんなツアーってちょっと無理があると思いません?

そんな私がちょっとでも長くヨセミテに滞在するために今回選んだツアーがJTBのヨセミテ1泊2日観光ツアー(日本語ガイド)でした☆ alanのサイトを見ると、英語ガイドもあってそっちの方が安いけど、英語ガイドだと向こうの言ってることは分かってもこちらから質問できないのが最大の欠点なんだよね。まあ、英語力不足と言えばそれまでなんですけど。

ちなみにこのツアー、宿泊地を2つから選べます。それは、

  • ヨセミテロッジ
  • ヨセミテビューロッジ

の2つ。名前似てますね。しかも、名前だけ見るとヨセミテビューロッジの方がヨセミテが見えるぜ☆ って感じで良さそうな名前です。でも、ヨセミテビューロッジは、ヨセミテのメイン地区からなんとバスで30分もかかるんですね。せっかくヨセミテ地区に宿泊しても、朝の散歩をするために、わざわざフリーのシャトルバスで30分もかけないと散歩すらできないのです。

そう思うと60$くらいの追加代金を払ってもヨセミテロッジを選ぶべきだと思います。このヨセミテロッジ、設備面では最低限といった感じですけど、まさに上の写真のような風景の中で滞在することができるんですね。晴れれば、朝の散歩も格別の体験なのではないかと思いますよ☆

゜:*★サンフランシスコのオプショナルツアー予約Alan1.net★*:°

では、300キロ以上のなが〜いバスの旅に出発なのです

JTBバス

今回のJTBで行くヨセミテ1泊2日の旅は朝の7時過ぎにホテルニッコーサンフランシスコにガイドさんがお迎えにやってきました。今日の参加者は全部で12名くらいなので、バスは小さめのものでスタートです。2月は冬だから参加者が少ないんだけど、春〜夏になったら、やっぱり大型のバスになるのかな?その方がトイレがついたりして安心できるかもしれないけどね。

サンフランシスコの町並み

朝のサンフランシスコの街並み。この時期台湾や沖縄は天気悪いけど、サンフランシスコはず〜っと天気がよかった気がします。全米から移住者が殺到してくるとガイドさんの話でしたけど、夏も冬もないサンフランシスコじゃ、気候面では今までいった旅行先でベストな気がしますよ。

ベイブリッジ

朝のサンフランシスコベイブリッジを渡って、田舎地域へと向かいます。逆のサンフランシスコ方面は大渋滞でした。BARTで通えばいいんじゃない?と思うんですけど、車じゃないと行けない事情もあるんでしょうね。

郊外

バスで1時間も走れば郊外になります。後はず〜っとこんな感じ。でも、今回のガイドさんは超気合いが入っていまして、アメリカの話・ヨセミテの話など、こちらが飽きないように色々な話をし続けてくださいました。これは当たりガイドさんだな。ちなみに、風車がたくさん見えますよね。アメリカでは今風力発電が盛んに行われていて、その発電量はドイツを抜いて世界1位なんだそうです。

アーモンドの花

大量に植えられているのはサクラの花?と思ったんですが、そうではありません。これは全てアーモンドの花なんだそうです。へぇ〜、アーモンドってこんな花を咲かせるんですね。結構キレイなものです。サンフランシスコでは、アーモンドで花見なんていかがでしょう!?

そうこうしているうちに、1回目の休憩ポイントに到着しました。郊外のショップという感じで、ここでトイレを貸してもらうことになります。サンフランシスコからヨセミテは約5時間。途中、トイレには2回行くことになります。あと、せっかくモバイルWi-FiルータのMi-fiを持ってきてたんですけど、ここらでは既に圏外になってしまっており、このあと、サンフランシスコに帰るまで1度たりともつながることはありませんでした。やっぱり、郊外だとそんなもんなのか〜。

ショップの中

ショップの中はこんな感じでした。地元名産のアーモンドやドライフルーツがてんこもりです☆ 私も本当は食べたかったんだけど、こんな大きいサイズじゃちょっと無理だな〜。小分けのサイズがあれば良かったんだけど、それはアメリカっぽくないんでしょうね。

バス

こちらが、今回お世話になっているツアーバスです。12名ならこんなもので十分でしょうね。ちなみに、このバス、ドアが非常に空きにくかったのです。今はもう直ったのかな?

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ