福岡空港カードラウンジ「くつろぎのラウンジ TIME」はカードラウンジでは国内最高クラスじゃないかしら? - とある台湾観光の旅行記録

福岡空港カードラウンジ「くつろぎのラウンジ TIME」はカードラウンジでは国内最高クラスじゃないかしら?

国内にカードラウンジは色々ありますけれども、ここ福岡空港のくつろぎのラウンジ TIMEは、自分でくつろげると断言するだけあって、かなり快適な空間となっています。一般の席はよくあるカードラウンジなんですけど、ビジネスルームが快適なポイントなんですよね。では、どんなラウンジか見てみることにしましょう☆

くつろぎのラウンジ。仕事のために4〜5時間前に来てもいいわね☆

福岡空港出発ボード

さて、大阪伊丹空港に戻るために福岡空港までやってきました。今回乗る飛行機は17時台なんですけど・・・今の時間はまだ11:25じゃないですか!と突っ込まれそうですね。それも、ちょっと溜まってしまった仕事を超快適なここのラウンジで少しでも片付けておきたいと思ったんですよね。会社で仕事をしたり、自宅で仕事をするよりもよほど集中した時間をここのラウンジでは送ることができるのです。

くつろぎのラウンジTIME入り口

くつろぎのラウンジTIMEは福岡空港国内線ターミナルの3階にあります。搭乗口からはちょっと遠いのが難ですよね。これが荷物検査の後の制限エリアの後ろにあれば、国内ベストカードラウンジと呼べたのかもしれないくらいなんですけど・・。

区切られた空間

入ると係のお姉さんに「ビールにしますか?ソフトドリンクにしますか?」と聞かれます。ビールなら1本、ソフトドリンクならセルフのドリンクバーになります。で、ドリンクをいただいていつものビジネスルームへ。このラウンジのビジネスルームは25くらいのこのようなブースに区切られており、非常に落ち着いた雰囲気で仕事をすることができるんですね。たまに空気の読めないオッサンが電話したりしてうるさいですけど、それを除くとかなりいいラウンジと言えるのではないでしょうか。

ハンガー

ハンガー掛けも備えられていますので、コートをかけるのにも困りません☆

アセロラジュース

ドリンクバーはありがちなメニューですけど、ここはアセロラドリンクがあります。特においしい!という訳ではありませんけど、他のラウンジではあまり見かけない飲み物ですよね。あと、なぜかアメックスのシンガポールでの特典一覧が置いてありました。ここ福岡空港はシンガポール航空のシンガポール行きが飛んでいますけど、この国内線のくつろぎのラウンジを使うお客さんがいるんだろうか?国際線→国内線の乗り継ぎのお客さんだったら使うのか。

パソコン

私は自分のMacでお仕事をしますけど、PCを持ってきてない方でも安心☆ パソコンがある席がここのラウンジにはなんと13席もあるのです。今の時代、ビジネスマンなら大体自分のパソコンを持ち歩いていると思うので、ちょっと時代遅れの感もありますけど、PCを持ち歩いていなくて、ネットをPCでチェックしたい方にはうれしいサービスですよね☆

コーヒーサーバー

今回は仕事が結構溜まっていたので、結局あの席に4時間も滞在してしまいました。アセロラジュースだけではさすがに少ないので、途中コーヒーサーバーでコーヒーもいただきました。この空間がゴールドカードを持っているだけで無料なんだったら、お得としか言いようがないですわ。旅行先を毎回福岡にすると、仕事がガンガンはかどるかも!?

全国22の空港だけじゃなく、海外600カ所の空港で使えるのは・・?

国内の出張・ご旅行くらいしか行かない、もしくは飛行機の利用はANAばかりよ☆ というのであれば、この記事の上部でご紹介したANAカードが一番のオススメになりますが、海外旅行も行くし、ツアーだとANAの飛行機にはあまり当たらないわね・・。という方には楽天プレミアムカードがオススメです。このカード、国内の主要22空港のラウンジが使えるだけではなく、世界600の空港のラウンジで使えるサービスが付帯されているのです。

もちろん、台湾桃園空港のラウンジ、MORE PREMIUMラウンジも利用OK☆ そんなクレジットカードなのに年会費はたったの10,500円なのです。この世界のラウンジ利用のサービスはプライオリティパスというんですけど、本当は年399$もするサービスなんですよね。それがたったの10,500円で手に入るなんてお得すぎじゃないですか☆ 今、当サイトからお申し込みいただければ楽天ポイント10,200ポイントもプレゼントですわよ☆ つまり、実質初年度はタダで楽天プレミアムカードが持てるってことね。

★☆楽天プレミアムカードで優雅なひとときを☆★

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ