ヨセミテ・ロッジ(ヨセミテ国立公園)設備は貧弱だけど、この景色に代えられるものはないわね☆ - とある台湾観光の旅行記録

ヨセミテ・ロッジ(ヨセミテ国立公園)設備は貧弱だけど、この景色に代えられるものはないわね☆

JTBの1泊2日ヨセミテツアーで訪れたヨセミテ。今回、宿泊先として選んだのは、ヨセミテ・ロッジであります。このヨセミテ・ロッジ、貴重なヨセミテ国立公園内のホテルだからか、設備の割には料金が異常に高く、私がエクスペディア先生で調べた所によれば、1泊の料金が17,000円くらいしてしまうのです。今回サンフランシスコで宿泊している、ホテルニッコーサンフランシスコよりも高いですよね。さて、その価値があるのかどうか、チェックしてみましょう☆

設備はイマイチだし、サービスはアメリカ的であるけれど・・・!?

ヨセミテ・ロッジ入り口

本日お世話になったJTBのガイドさんとは、このヨセミテ・ロッジの入り口でお別れとなります。チェックインも自分でやらないといけないそうなので、英語でやり取りしないといけないってことなんですよね。あまり自信がないですが、頑張ってみたいと思います。

チェックイン時間は公式では17時からとなっているのですが、この時点14:00でもチェックインさせてもらうことはできました☆ ただ、私たちより後に来ている人で待たされた人がいたようですので、こればかりは運次第としか言いようがありませんね。後、担当してくれた執事みたいな渋めのおじさんのフロントさんは、超親切に色々話をしてくれるんですが、ボソボソって感じの英語なので、全部把握することはできませんでした。いいおじさんだったのにごめんよ。

インターネット使えますよ

なんと、意外にも無線LANによるインターネットが部屋の中で無料で使うことが可能です。別に日本から持ってきている無線のMi-FIか完璧に圏外になってしまっていることを思うと、その点ではサービスが良いのかもしれませんね。まあ、ここまで来てインターネットもいらんやろ、と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、ヨセミテ国立公園の公式ページは結構情報豊富なので、役立つんですよね。

設備はちょっと・・・なんですけど、それを補ってあまりあるものが?

部屋の全体像

部屋の全体像はこんな感じでした。ビジネスホテルよりは良さそうに見えますけど、価格帯から考えると、ちょっと貧弱といえるでしょうか。

洗面台

洗面台周りです。当然、歯ブラシなどはありませんので、持ってくるのを忘れないようにしましょう☆

シャワー

シャワーはちょっと残念な仕様となっていました。まあ、国立公園の中だから仕方ないよね。

アイロン台

アイロン台と扇風機がありますね。この部屋、暖房はちょっとパワー不足ながら、バッチリ備え付けられているんですが、冷房機能がついているかといわれるとおそらくついていないのではないでしょうか。ということは、夏場はこの扇風機を使うということなのかな?

外の風景

今回宿泊した部屋は1階でした。運がいいと外を野生動物が歩いていると聞いていたので、ちょくちょく見てみたんですけど、残念ながらそういうラッキーには巡り会えませんでした。また、いずれ来るからそのときこそ是非会ってみたいわ☆

タンス

この古いタンスの中にテレビが入っていました。今回は、散歩などに夢中だったので、テレビを見ている時間はありませんでしたね。

ロッジと景色

と、このように書くと設備面ではあまり良い感じがしないと思われるかもしれませんが、残念ながら設備面ではそうであると言わざるを得ないと思います。ただ、このようにロッジと風景を見てみてください。ここはヨセミテ国立公園のまさに中心部に位置するのです。こういった環境の中で宿泊できるというのは、滅多なことでは体験できないと思いませんか? 1泊17,000円は高いと思いますけど、私はそれだけの価値があるではないかと思いました☆

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ