大事件!ヨセミテ国立公園でJTBのガイドに見捨てられる。そして、エルキャピタン・ミラーレイクの絶景☆ - とある台湾観光の旅行記録

大事件!ヨセミテ国立公園でJTBのガイドに見捨てられる。そして、エルキャピタン・ミラーレイクの絶景☆

普段、旅行会社を使わないので、旅行の回数の割に全然トラブルには襲われない私。そんな普段の私はもしかすると恵まれているのかもしれません。今回、JTBで行く1泊2日のヨセミテ旅行はここまでいいことづくしだったんですけど、最後でJTBがやらかしてくれちゃいました。正確に言うとJTBじゃなくて外注先かもしれないんですけど、本当にサービス業らしからぬミスだったと思います。

集合時間は14時20分。待てども待てどもガイドさんはやってきません。

前の日、ヨセミテまで連れてきてくれたガイドさんと、ヨセミテからサンフランシスコまで帰るガイドさんは別のガイドさんになっています。それも、この時期のヨセミテJTBツアーは日帰りが基本らしく、宿泊する人はむしろ例外だからだそうです。で、この帰りの日のヨセミテツアーは、行きの道で事故渋滞があったらしく、行程が1時間くらい遅れていたそうです。そのため、日帰りのツアーの帰りの時間も15時20分に変更になったとか。

ヨセミテ・ロッジのベンチ

多分、予定が押し押しになっていて、ガイドさんも宿泊して今日帰る人のことをすっかり忘れていたんでしょう。JTBの指示通りロビーで待っていても全然ガイドさんがやってこないのです。15:20になったら、ロビーで日帰りのお客さんが集合するので、いずれは帰れる運命だったんですけど、この時点では見捨てられたかと思って心配になってしまいます。

色々探した結果、このヨセミテ・ロッジ裏のロッジ当たりで日本人ガイドさんっぽい人を見つけたので、聞いてみるとやっぱりJTBのガイドさんでした。怒っても仕方ないんですけど、このときばかりはちゃんと仕事してくださいよ〜、と言ってしまいましたね。まあ、このトラブルでJTBを今後使わないかというと、別にそんなことはないと思いますけど、まあ値段の高い会社でもサービスは人次第ってことを改めて痛感したのでした。

バス

バスにはこのように書いてあるので、JTBの外注先はここなんでしょうね。JTBのマイバスと名前が似ているようで、ちょっと違うので、やっぱり違うブランドってことなのかな?

では、気をとりなおして最後の絶景を見学しに行きますわよ☆

エルキャピタン

いつまでも終わったことを考えていても仕方ないので、ここからは最後の観光を楽しみたいと思います。帰り道の最初の観光はエル・キャピタンです☆ このエル・キャピタンは最初にトンネルビューで見て以来ですね。運がよいとクライミングしているお客さんに会えるという説明でしたけど、今日は残念ながらチャレンジ中の人はいませんでした。

エルキャピタン別角度から

この1枚岩。なんと高さは3300フィート(1000メートル)もあるんです。東京タワーだと実に3つも縦に並んじゃう高さなんですよね。東京タワー+東京スカイツリーでも及ばないくらい。そんな一枚岩なので、登るのには1日じゃすみません。途中で寝るそうなんですよね。いや〜そんな寝方想像できないよね。

鏡になって映る池

ヨセミテ地区最後の観光は、このミラーレイクになります。絶景の湖面への映り方がポイントだそうなんですが、う〜ん、確かに映ってはいますけど思ったほどではないような?

ミラーレイク

と思ったら、ガイドさんがこっちから写真を撮った方がいいよ☆ と教えてくれました。この写真では上の方を無視して、敢えて湖面中心に撮ってみましたけど、確かに湖面が美しく映っていますね☆ これは素晴らしいわ。私のお気に入り、知床以来の感動かもしれませんね。

メキシコ風スーパー

その後は、時間が押しているからか信じられないほどの超スピードでサンフランシスコまで向かいます。行きは2回の休憩があったけど、帰りはここメキシコ系のスーパーマーケット1回だけだったなぁ。ここのスーパー、なぜかバックパックの人立ち入り禁止って書いてあるのが印象的でした。なんでだろ?万引き率が高いっていう統計でも出てるんですかね?アメリカルールはやっぱり分からない所があります。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ