パレスオブファインアーツ(サンフランシスコ)ローマの遺跡をイメージしているらしいけど、周りの高級住宅街っぷりに驚くわ - とある台湾観光の旅行記録

パレスオブファインアーツ(サンフランシスコ)ローマの遺跡をイメージしているらしいけど、周りの高級住宅街っぷりに驚くわ

JTBのサンフランシスコ市内観光もこれで最後の場所、パレスオブファインアーツになります。今回は、これに午後のアルカトラズ観光を+αでつけているのですけど、ここで衝撃の事実が発覚します。なんと、今回のツアーには昼食がついていなかったのです。聞くとフィッシャーマンズワーフで自由昼食だとか。まあ、そうなってるんだったらそれで仕方ないですわね。

さて、パレスオブファインアーツについて。1906年の大地震で大きな被害を受けたサンフランシスコは、その復興の祈念と1915年のパナマ運河開通を祝ってパナマ・パシフィック・インターナショナル・エキスポを開催することになるのです。その時の施設の一部が、このパレスオブファインアーツという訳です。こちらのローマ様式の建築が、サンフランシスコの高級住宅街エリアにドーンとそびえ立ってるわけなんですよね。周りは公園になっていて、セレブっぽいご家族の皆さんや、他の観光客などでごった返しています。

公園や施設も素晴らしいけど、周りの高級住宅街っぷりに驚くわ。

パレスオブファインアーツ

これがパレスオブファインアーツで一番有名な景色だと思います。あの有名な映画、フォレスト・ガンプやザ・ロックなんかでも使われたんだそうです。私は映画はほとんど見たことがないんですが、市内観光の参加者で超映画が好きという人は感動していました。まあ、私も自分の好きなアニメの聖地巡礼なんかではおそらく感動するので、それに近いものがあるのでしょうね。

ドームに近づいてきました

さて、メインのドームへと近づいていきたいと思います。

ドームの中であります

ドームの中に入って上を見上げてみました。

公園の周りの住宅街

本当はここには博物館や劇場もあるらしいんですけど、そこは旅行会社の市内観光。滞在時間が20分くらいしかないので、それは諦めざるを得ず、公園の入り口まで戻ってきました。今度は公園とは別の方向を撮ってみたいとおもうのですけど、なんとこんな高級住宅街なのです。値段を聞いてみると平気で3億〜はするとか。サンフランシスコの街中ではあるけど、必ずしも交通が便利とは言えないこの場所。でも、アメリカの住宅は交通の利便性よりも景色が値段につながることが多いんだそうです。まあ、確かにお金が無限にあれば、こういう所に住んでみたいですよね。

サンフランシスコは神戸もビックリの坂道の街です。

超坂道

私の住んでいる神戸は坂道の街として有名です。ですが、このサンフランシスコはその神戸とは比べ物にならないくらいの坂道が厳しい街。これは市内観光の車内から撮ったものだけど、伝わってるかな?

名物のくねくね道

こちらは、観光ガイドにも載っているクネクネとした道です。休みの日は、この坂道を降りるために1時間以上の渋滞になることがあるんだそうです。私は間違いなくこんな道を走ると事故るんだろうな。

ケーブルカー+超坂道

こんな超坂道をケーブルカーはスルスルと降りていくんです。普通の車も降りていくんですけど、こんなに坂道でも車のブレーキはちゃんと停まるんですね。自分で運転していると怖くなってしまいそうです。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ