ブレッドボウル+クラムチャウダーの有名店、BOUDIN(サンフランシスコ/フィッシャーマンズワーフ) - とある台湾観光の旅行記録

ブレッドボウル+クラムチャウダーの有名店、BOUDIN(サンフランシスコ/フィッシャーマンズワーフ)

JTBの市内観光もフィッシャーマンズワーフで一旦解散となり、アルカトラズ島行きの船のチケットを受け取りました。船が出るまでは約1時間あり、それまで昼食を食べて待つことになります。1時間だと、普通のお店に入ると船に間に合わなくなってしまうので、ガイドさんがオススメしてくれたのが、BOUDINという店のブレッドボウルです。それってなんだろう?と思ったけど、すっぱいパンにクラムチャウダーを入れて出してくれるやつね!思い出しました。確かアナハイムのディズニーランドで食べたことがあるんだ。

フィッシャーマンズワーフ全景

さて、そんなフィッシャーマンズワーフのピア39でバスを降りることになりました。一見人が少ないように見えますけど、これはたまたま。今日は土曜日ということもあり、見えない所には驚くほどの観光客の姿が見られるのです。

チューリップ祭り

ちょうど今はチューリップ祭りをやっていると看板がかかっていました。このようにチューリップが至る所に咲いているんですが、祭りという割にはその咲いている規模が控えめな気が?ちょっと私が期待しすぎなのかな?

酸っぱいパンとクラムチャウダー。美味しいんだけど、パンが多すぎるわ。

BOUDINの入り口

さて、チューリップを見つつ歩いて5分くらいでBOUDINの入り口までやってまいりました。さすがに超有名店で人気もあるだけあって、多くのお客さんでごった返しています。ただ、基本がテイクアウトなだけに、混んでいてもそれほど待つことはないんじゃないかと思います。

ブレッドボウル

スープはクラムチャウダーだけではなく、メニューを見る限りではチリスープも選べるみたいだったけど、周りの人が頼んでいるのはほとんどがクラムチャウダーでした。そして、おそらくはほとんど全員が観光客?と思ってしまうような感じです。見るとスゴく美味しそうですよね。

ブレッドボウルのアップ

スープの部分をアップにしてみました☆ 実際、酸っぱいパンとクラムチャウダーが補色のような関係にあって、スゴく合ってるとは思うんですが、クラムチャウダーはこの写真のイメージほどは入っておらず途中からはパンだらけになってしまいます。パンも悪くないとは思うんだけど、途中からパンだけ食べ続けるのは厳しくて、結局は残してしまいました。実際、周りのお客さんを見てると、全部食べているお客さんはほとんどいなかったように思います。美味しい料理だとは思うんだけど、地球には優しくないんじゃない?って思ってしまうのでした。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ