世界で一番有名な刑務所、サンフランシスコのアルカトラズ島を、臨場感たっぷりのオーディオガイドを使って観光する - とある台湾観光の旅行記録

世界で一番有名な刑務所、サンフランシスコのアルカトラズ島を、臨場感たっぷりのオーディオガイドを使って観光する

アルカトラズ島観光についての記事は他にも多数☆ こちらからその一覧をご覧になれます。

サンフランシスコのアルカトラズ島といえば、世界でもっとも有名な刑務所の一つと言えるのではないでしょうか。日本では網走刑務所がかなり有名だと思うんですけど、世界では映画、アルカトラズからの脱出のイメージが大きすぎますよね。私の生まれる前、1979年の映画だそうなんですけど、私でもその名前くらいは知っていますので、世界の映画ファンなら結構見ているという方も多いのではないでしょうか?

そんなアルカトラズ島には、サンフランシスコのピア33からフェリーで向かうことが出来ます。この船は大体午前9時から30分置きくらいに出ているのですが、全ての船がほぼ満員での出発。それくらい人気のある観光地がここ、アルカトラズ島なんですよね。このアルカトラズ島を観光する際、自分の好きなように歩き回ることも可能なんですけど、日本語のオーディオガイドが非常に良かったので、これをお勧めしたいと思います。

このオーディオガイドは、刑務所の中からスタートして、ガイドの指示に従って歩きながら約50分間の説明をしてくださいます。途中、アルカトラズ島であった有名な脱獄事件や反乱事件など、臨場感溢れる説明を日本語で上手にしてくださいますので、英語が得意でなくても、アルカトラズ島のことを良く知って帰ることができる☆ というわけです。今回は、島に入ってから、そのオーディオガイドを手に入れるまでをご紹介したいと思います。

では、オーディオガイドをもらいに行きますわよ☆

アルカトラズ島入り口

アルカトラズ島にフェリーで到着しました。到着すると、現地の係員が英語でアルカトラズ島内観光について説明を始めるんですけど、ここで説明を律儀に聞いているとオーディオガイドを受け取る為に大行列に並ばなくてはならなくなってしまいますので、無視して右の方へと進んでいきましょう☆

監視のための塔

このように監視をするための塔が残っています。

朽ち果てた建物

朽ち果てた建物2

使われなくなって50年ほど経つ刑務所だからか、こういった朽ち果ててしまった建物がいくつか存在しています。ただ、そのうちの一部は現在修復が行われているためか、立ち入り禁止となっていました。

刑務所の建物を見上げる

刑務所の建物が近づいてきましたので上を見上げてみます。船着き場から刑務所までは坂道を上がっておおよそ400メートルの道になります。ただ、その間の高低差が40メートルもあるので、高齢の方にはちょっとしんどいかもしれません。そういった方のためには、船着き場から刑務所まで無料のシャトルミニバスが走っているので、そちらを利用すると良いでしょう。

刑務所入り口

船着き場から写真を撮りながら歩いて10分くらい。ようやく刑務所の入り口までやってまいりました。

刑務所入り口から内部

急いできた為か、オーディオガイドを受け取る所はまだそれほど混み合ってはいませんが、最初の係員の説明の所で止まってしまうと、上のグルグル道でかなり並んでしまうことになるのかもしれませんね。

オーディオガイド

上の道をグルグルと進んでいくと、オーディオガイド受け取り口になります☆ 英中日仏西あたりはもちろん、オランダ語にも対応しているというのが驚きです。日本語ガイドを受け取って、さあ50分の楽しいガイドツアーに出発ですわよ☆

アルカトラズ島観光についての記事は他にも多数☆ こちらからその一覧をご覧になれます。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ