JAL001便 サンフランシスコ→羽田空港(ビジネスクラス) 機内食の2食目「東京香味カレー」でまさかの悲劇? - とある台湾観光の旅行記録

JAL001便 サンフランシスコ→羽田空港(ビジネスクラス) 機内食の2食目「東京香味カレー」でまさかの悲劇?

JAL国際線の中で最初に就航した路線である、サンフランシスコから東京羽田空港の栄光のJAL001便で東京まで帰りたいと思います。この帰りの便は東から西へ向かって飛ぶ便のため、行きよりも飛行時間が多めにかかります。10時間以上かかると、長距離のビジネスクラスの有り難みが増すんですよね☆

さすがの001便、椅子が古くても満席に近い混雑です。

JALの羽田空港行き機材

サンフランシスコからのJALの羽田空港行き001便はボーイング777があてられていました。今までは欧米に行こうと思うと、距離の関係でこの機材1択だったのですが、ボーイング787の入荷で状況が変わってきますよね。今月からでボストン行きが始まることになっていますし、さらに東京から地方の主要都市への直行便が増えてくれると、再度のアメリカ旅行がさらに楽しめるのではないかと期待しています。個人的には、ANAシアトル行きが楽しみで仕方ないですわ☆

001便羽田行き

サクララウンジでゆっくりし過ぎたのか、いつの間にやら優先搭乗の時間が終わっており、エコノミーのお客さんもかなり列が進んでいました。まあ、国際線なら搭乗の列がエコノミーとそれ以外で分かれているので、必ずしもラウンジから急いで来なくても来た時に乗れるんですよね。いつも遅めに乗る私ですけど、呼ばれるほど遅かったことは1度もないので多分いいんだろう。

ウェルカムオレンジジュース

飛行機が離陸し、ベルト着用サインが消えるとすぐにドリンクのサービスが始まります。海外系の会社だと、椅子に座ったとたんに聞きにくることが多いんだけど、空いてるビジネスクラスに乗ることが多いからかな?離陸前にドリンクを配ると、離陸までに慌ただしく飲まないといけないから、嫌な人は嫌なのかもしれませんね。

ビジネスクラスの椅子

今回乗った機材の椅子はANAの最新の機材と比較すると残念な感じですが、個人的にはこれで十分です☆ JALも経営努力はしてるし、CAの皆さんのサービスは素晴らしいんだけど、設備面ではどうしてもANAに劣ってる気がしますし、とにかく関西の冷遇っぷりがひどすぎてキャセイの方が使いやすいなあって思ってしまうのです。昔の関空のJALの国際線路線網はスゴかったと聞いたんですけど、私が大人になったことにはもう減り始めてましたね・・・。

ここからは、記事の長さの都合で1食目は次の記事に回すことにしまして、先に2食目をご紹介します。

東京香味カレーライス「ぎゅっと野菜」ってのに力が入ってるみたいね☆

JAL欧米線の2食目はよくあるお好きなものをお好きな時にのスタイルになります。なににしようかな〜と思いながら、事前にウェブサイトをチェックしていたんですけど、あの放送作家の小山薫堂さんがプロデュースしている、「東京香味カレーライス」が良さそうだったので、これを食べよう!と乗る前から決めていました。ウェブサイトの説明から抜粋しますと・・

東京香味カレー「ぎゅっと野菜」

玉ねぎ、にんじん、セロリといった定番の良質な野菜に、リンゴ、バナナといったフルーツが加わり、野菜の風味を“ぎゅっと”詰め込んだカレーです。クミン、コリアンダー、カルダモンなど7種類のスパイスは辛味の強いものはなく、野菜とスパイスの爽やかな香りが調和したカレーに仕上げています。

時々カレーハウスCoCo壱番屋にも一人で行ってしまう私からしても結構楽しみなカレーですね。しかも、この野菜カレーは日本到着の路線でしか食べられないんだそうです。ということで、早速注文してみました☆

2食目黒豚カレー丼

じゃ〜ん☆ これが東京香味カレー「ぎゅっと野菜」で〜す☆ あれ?野菜・・・・・?

黒豚カレー丼アップ

アップにしましたけど、全然野菜には見えません。小山薫堂さんのプロデュースやから見た目にこだわってるのか・・と思って食べてみると、なんとトンカツ入り!あわててメニューを見てみると、「黒豚カツカレー」ってのがありました。確かに、CAさんに「カレー」としか言わなかったけど、カレーが2種類あるんだったら、ちゃんと教えてよ〜と思いました。

英語で注文する会社だったら、「自分の英語力不足、仕方ないわ。」と思えるんですけど、これは天下の日本航空ですからね。サービス自体、ここ以外で何も悪い所はなかっただけに、ちょっとだけ残念な一幕でした。

ハーゲンダッツ

カレー自体は美味しかったので満足でしたけど、もうちょっと満足度をあげるため、さらにハーゲンダッツをいただきました。普段日本で食べないんですけど、これってちょっと大きいサイズなのかしら?と思ってグーグル先生に聞いてみた所、別に大きいサイズという訳ではありませんでした。ハーゲンダッツのミニカップって意外と大きいのね。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ