サントスホテル(三徳大飯店) [台北/民権西路]- 値段帯の割には設備も立地も抜群だけど、日本人客がうるさいわ。 - とある台湾観光の旅行記録

サントスホテル(三徳大飯店) [台北/民権西路]- 値段帯の割には設備も立地も抜群だけど、日本人客がうるさいわ。

2012年3回目の台湾旅行はツアーのパンフレットでおなじみ、サントスホテルに宿泊することにしました。このサントスホテル、格安ツアーの定番となっていますが、自分で宿泊予約をしても結構安い値段で宿泊可能です。今回、私が予約した値段は約7,000円でした。私は一人旅ですけど、これで2名まで宿泊できますので、結構お得なのではないでしょうか。なお、この週は台北で音楽のイベントがあって、全体的にホテルの値段が高かったので、場合によってはもう少し安く宿泊することも可能かもしれません。

Expedia Japan【旅行予約のエクスペディア】プロモーション

ホテルはMRTの民権西路駅の5番出口から真北に歩いて2分くらいの所になります。ちなみに、5番出口は黄色い路線の蘆洲線の真上の出口になっており、観光客がよく使う淡水線の乗り場は非常に遠いのでそれだけは覚えておくと台北市内の移動に少し役立つかもしれません。

行天宮

今回は台北松山空港に到着したので、民権西路まではタクシーで10分くらいになります。今のMRT路線図では民権西路と台北松山空港は結構行きにくいので、MRTにこだわらずタクシーを使った方が賢明な選択と言えるでしょう。値段は大体150元くらいかかりました。また、途中でこのように行天宮を見ることが出来ます。私はあまり占いに興味がないので、行ったのは1回だけですわね。

ホテルに到着してチェックインです。サントスホテルは日本の格安ツアーでよく見かけるホテルですけど、想像以上に客が日本人ばかりです。そして、従業員の皆さんもかなりの割合で日本語ができる気がします。その点、海外旅行にあまり慣れていない人にはオススメできるのではないでしょうか。では、部屋をチェックしていきましょう☆

価格帯の割には結構設備が整っているホテルじゃないかしら?

スーツケース置き場

スーツケース置き場です。海外旅行では役に立ちますよね。

液晶テレビ

テレビは液晶テレビですが、ちょっと昔ながらの液晶テレビという感じも。これは台湾のケーブルテレビの問題かもしれませんが、音量がちょっと不安定だった気がします。

ゆったりとした椅子

ゆったりとした椅子が2つ並べてあります。カップルには良い休息になるかもしれませんね。

ベッド

今回はなぜか1人なのにツインにしますか?キングにしますか?と聞かれましたが、当然ながら大きいサイズのベッドの部屋を選択しました。1人でツインってどういう使い方をするのか、私には今だ謎です。

バナナみかん

ウェルカムフルーツです。補充されるかな?と期待してバナナだけ食べてみましたが、残念ながら補充されることはありませんでした。

スリッパゆかたセーフティーボックス

セーフティーボックスに、ちょっと安っぽいものながらスリッパ、なんと驚くことに浴衣が置いてありました。台湾ではあまり着ない気がするんですけど、日本人の利用が多いことを反映しているのでしょうか?

ハンガー

ハンガーはしっかりした素材のものが十分に準備されていました。

お風呂

シャワーと湯船です。こちらは値段相当のシャワーかなと思いました。ちょっと水の勢いの調整が難しくて、シャワーを浴びるたびに浴室の床がびしょ濡れに。うまく入ると避けることができるんでしょうか?

アメニティ

部屋に備え付けのアメニティはこんな感じです。大体基本的なものは揃っているので、私は困ることがありませんでした。歯ブラシは一応どこに行く時も持っていっていますけど、たまに高いホテルなのに置いてない所があって基準がわからなくなるんですよね。

お水

暑い台湾観光には欠かせないお水。基本は2人部屋ということになっているのか、1人の宿泊なのになぜか毎日2本ずついただきました。飲みきれなかったので、今でもうちの冷蔵庫の中にしまってあります。いずれ飲むよ☆

と、こういう風に見ていくと結構いいホテルに見えるんですが、私の場合は横の部屋の日本人客に恵まれませんでした。前半はまわりの部屋に日本の高校の修学旅行客がいたようで非常に騒がしく、後半は横の2部屋にアホそうな大学生と思われる集団が泊まっていて、夜中でもドアベルをならし続けながら、ドアを開けて大声で騒いでいました。あまりにひどいのでホテルの人に注意してもらいましたけど、ホテルに日本の平均的な若者がこんなのだと思われてしまうのが心配です。外国だからって、ハメを外しすぎるのは良くないですよね。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ