永康刀削麺(ヨンカンタオシャオミエン)の炸醤麺 [台北/永康街] - 麺が太すぎてコシもある。讃岐にも負けないわ☆ - とある台湾観光の旅行記録

永康刀削麺(ヨンカンタオシャオミエン)の炸醤麺 [台北/永康街] - 麺が太すぎてコシもある。讃岐にも負けないわ☆

台北は永康街の有名店、永康刀削麺(ヨンカンタオシャオミエン)で炸醤麺(ジャージアンミエン)をいただくことにしました☆ この日は、本当は鼎泰豊の本店にでも行こうかなぁと思って永康街までやってきたんですが、残念ながら夜は当然のごとく大行列だったので、早々に諦め、大行列の際に行こうと思っていたこのお店にやってきたのです。

炸醤麺(ジャージアンミエン)という料理はご存知でしょうか?これは、左の読み方を見ると想像がつくかもしれませんが、日本ではジャージャー麺という名前で知られている麺なのです。元々は中国の北方の料理で、特に北京の周辺で食べられているんだとか。そもそも炸醤が肉味噌という意味なんですね。日本のジャージャー麺を刀削麺でいただくという形はあまり見ないと思いますので、楽しみであります。

永康刀削麺の外観

お店の外観です。夜6時台と結構いい時間であり、鼎泰豊の本店の大行列を見た後だったので、少し心配でしたけどお客さんは満員というほどではありませんでした。1人分の席を何とか見つけて座ることにします。

永康刀削麺メニュー

メニューはこんな感じです。迷ったら最初に書いているものを頼む法則からすると、本当は牛肉麺を頼むべきなんでしょうけど、牛肉麺は他の店で何度も食べているので、ここは初心貫徹で炸醤麺(ジャージアンミエン)をいただくことにしました。

永康刀削麺の注文シート

注文は注文シートに書く方式なので、簡単に済ませることができます。大と小があるんだけど、麺と小菜一つしか頼まないので、大で大丈夫・・・・だよね!?

永康刀削麺の小菜

台湾の料理屋さんで楽しみなのが小菜であります。今回はこんなのをいただきました。って、私、キュウリ率が高すぎる気がするな。今度、台湾に行く時は気をつけるとしよう。

炸醤麺

麺が太いから時間がかかるのかな?と思ったのですが、それは大間違い。小菜を全部食べきることもなく、注文はわずか数分で出てきまして驚いたものです。肉味噌にもやしにキュウリ!またキュウリかよ☆

炸醤麺のアップ

麺が見えにくいので、麺だけをアップにしてみました。想像してたよりは麺は細かったかな?名古屋でいただくきしめんよりやや太いイメージくらいですね。しかし、麺のコシは抜群でした。言ってしまえば、太い麺の讃岐うどん。肉味噌自体はスゴく美味しかったのですが、ちょっと絡めるペースを間違えてしまい、最初少なくしてしまったが為に、最後肉味噌があまりまくってしまいました。もし、もう1回食べることがあれば、次はもっと美味しく食べてみせるわよ☆

永康刀削麺(ヨンカンタオシャオミエン)

住所:台北市通化街171巷40号
行き方:バスが便利ですが、電車ならMRT忠孝新生駅から徒歩20分ちょっとくらいです。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ