サントスホテルの部屋のテレビの謎の症状と、場所が変わった2回目の朝食 - とある台湾観光の旅行記録

サントスホテルの部屋のテレビの謎の症状と、場所が変わった2回目の朝食

日本のテレビのデジタル化は去年〜今年にかけて全ての都道府県で行われましたが、台湾のテレビのデジタル化は今年2012年の7月が予定されているんだそうです。日本と同じくアナログテレビでのテレビ視聴は出来なくなってしまいますが、台湾のケーブルテレビの普及率はなんと80%だそうで、そちらでは引き続きテレビが見られるため、影響は意外に少ないのではないかと言われています。そういえば、うちのテレビも未だにアナログですわね。神戸の奥地は電波が届かないからか、基本がケーブルの地域もあるんです。

サントスホテルテレビの謎の症状

そんなテレビの話題はこの画像の為に振ってみました。サントスホテルで中国語全くわかんないけど、せっかくやから地元のニュースでも見るかなと思ってテレビをつけると、なぜか右下に青の枠がずっと出ているんですよね。何かすると消せるのかもしれませんけど、リモコンの表記も良くわからないですし、最後までこの枠はそのままでした。うーん、これは何だったんだろう?

1回目の朝食は1階で食べたのに、今回は2階に案内されました。

今日も「さあ、1階で朝食食べるか!」と思って1階のレストランに向かうと、「朝食は2階へお願いします。」との掲示が日本語でもありました。昨日はそんな掲示なかったけど、何が違うんだろ?時間帯の問題かな?(昨日は朝6時台、今日は9時くらい)ということで、指示に従って2階の朝食会場へと向かいました。

サントスホテル2階の朝食会場

2階の朝食会場はこのような感じです。1階の朝食会場よりは規模が3倍くらいある感じですね。食べ物の種類は1階とそう変わらないように思いました。

魯肉飯(ルーローファン)

昨日はご飯物をおかゆにしたので、今日は魯肉飯(ルーローファン)をいただく事にしました。朝からは重い食事だとは思うんですが、やっぱり魯肉飯って美味しいですよね。日本ではあまり見かけないけど、日本で言うなら牛丼が一番近い食べ物なんでしょうかね。

後ろにある謎の白い液体はなんとヤクルトです。ヤクルトというとあの小さい容器がおなじみだとは思うんですけど、普通にドリンクバーで提供されているんですよね。一気にこんなに飲んでもいいのかと個人的には心配になってしまうんですけど、提供されているからには飲んでもいんでしょうね。

1日目と代わり映えしないメニュー

今日も全体的には1日目と同じような食事になりました。明らかに違うものといえば、春巻きですかね。今日もホテルのランクを考えると非常に美味しい食事だったと思います。でも、朝食までキチンと食べると旅行全体として食べ過ぎの感があるので、3日目からは結局最終日までパスしてしまいました。せっかく朝食付きだったのにごめんなさい。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ