華信航空(マンダリン航空) 台中ー那覇路線新規就航☆ 台北の次が高雄ではなくて、台中ってのが渋いわね。 - とある台湾観光の旅行記録

華信航空(マンダリン航空) 台中ー那覇路線新規就航☆ 台北の次が高雄ではなくて、台中ってのが渋いわね。

2012年4月14日、台湾を本拠地とする航空会社、華信航空(通称:マンダリン航空)が、新しい路線として台中ー那覇の路線に参入しました。機材はエンブラエル190型で座席数は104席とのことです。2011年の11月に日本と台湾は航空自由化協定を結び、その後新規路線の申請が相次ぎました。この路線は、そのうちの一つとなる訳です。ニュースの記事の全文については、下記沖縄タイムスのページをご覧ください。

安いというわけではないけど、台中の人には便利じゃないかな。

さて、とある台湾の旅行記録では、台湾の新規路線ということもあって早速使ってみようかと思い、検索を試みてみることにします。今回、新規で就航した路線の概要は以下の通りです。まずは、水曜・土曜の週2便からのスタートで、

  • AE7326 台中→那覇:10:50〜13:30(所要時間100分)
  • AE7327 那覇→台中:14:30〜15:00(所要時間90分)

のスケジュールで飛んでいます。台中の人からすると、昼過ぎに那覇に到着してホテルに直行できる良い時間ですよね。帰りはもうちょっと遅くても良さそうですが、機材繰りの都合があるので、これ以上遅くは難しそうです。

では、マンダリン航空のページから予約を試みてみたいと思います。

こんな感じでバッチリ予約できそうです☆ 運賃は総額で11,276台湾ドル(=3万円くらい)。普段、台湾発券の安いチケットに慣れていると、ちょっと高めの印象ですけど、台中ー那覇はしばらくは独占路線になりそうなので、これ以上の安いチケットはあまり期待できそうにないですよね。

もしかすると、台中発のチケットしか買えないんじゃないの!?

ただ、ちょっと気になることがあるのです。上の予約は台中発のものでした。で、逆に那覇発の予約を取ろうとすると、エラーが出て予約をすることができないんですよね。今回は、チャーター便扱いでの運行ということがあるので、基本的には台中の人が利用する・・ということを想定しているのでしょうか。ただ、上のニュースによると沖縄の人の利用も期待したい・・と書いてるので、それとは矛盾している気がします。

HIS沖縄のページを見ても台中行きのチケットは売られていないようですし、沖縄の人が台中行きを買いたい時はどうすればいいんだろう?と思ってしまうのです。そもそも、マンダリン航空のページ自体、まだ日本語に対応していないですし、もしかすると、日本からのチケットを買う事ができるようになるためには、定期便扱いへの昇格(現在申請中だそうです。)を待たなくてはいけないのかもしれませんね。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ