鬍鬚張魯肉飯(ヒゲ張魯肉飯/民権西路)雰囲気はテーブルのあるすき家に似てるかも?私はこういう店好きね。 - とある台湾観光の旅行記録

鬍鬚張魯肉飯(ヒゲ張魯肉飯/民権西路)雰囲気はテーブルのあるすき家に似てるかも?私はこういう店好きね。

今日の晩ご飯はサントスホテルの近くで食べることにしました。で、ガイドブックなどを見て選んだお店が、ヒゲ張魯肉飯さんです。このお店、台湾全土に20店舗くらいお店を構えているそうで、ここ以外でも確か看板を見た事があった気がします。外からパッと見た所、結構お客さんが入っているようなので、これは期待できるんじゃないですかね?では、入ってみましょう☆

鬍鬚張魯肉飯

女性でも入りやすい牛丼屋さんのすき家に雰囲気が似てるかしら?

写真入りメニュー

入るとイケメンの店員さんがテーブルに案内してくれました。私が良く言葉を理解していないようなのに気づいてくれたのか、多分日本人やろうな〜と思って対応してくれたんだと思います。やさしい店員さんでしたね。さて、店の奥の方の上を見上げると、こういった感じでメニューが紹介されていました。こういう紹介の仕方って、ありがちではありますけど、私は吉野家のメニューを思い出してしまいます。吉野家って女性一人では入りにくいけど、すき家はテーブル席があって入りやすいんですよね。最近時々すき家に行くようになりました。

注文シート

注文シートはこのような感じ。このお店はメニューに写真があまりなかったので、無難にメニューに写真が載っていたものの中から選択することにしました。まあ、大体漢字を見て分かるものだから、適当に頼んでも変なものが出てくることはないでしょうけどね。ちなみに、この3商品を頼んでいると、お兄さんにスープもいかが?と聞かれました。えっ!私1人なのに、そんなに食べると思われているのかしら!?

魯肉飯

こちらが魯肉飯(小)になります。値段は31元(=80円くらい)。日本で言う牛丼くらいあちこちで見かけますよね。牛丼も本当はこういうサイズで、再度メニューが充実していると私には嬉しいんだけどな。さすが、店名になるだけあって非常に美味しかったと思います。控えめに小にしたけど、本当は中でも良かったかも。

水耕A菜 

こちらは水耕A菜というメニューです。値段は40元(=110円くらい)。これは日本語での水耕とは違う意味に思えるんだけど、中国語ではどういう意味なんでしょうね?台湾では良くある味付けで、無難な商品かなと思いました。

猪足

こちらはメニューに人気の冠マークがついていた猪脚(65元=180円くらい)です。イノシシ?って驚く方もいらっしゃるかもしれませんが、これは台湾では良く見かける罠で要するに豚ってことですね。日本ではあまり豚足って食べないですけど、独特の風味はあるもののクセになってしまいそうな味でした。ちょっと食べにくいけどオススメね☆

持ち帰り用メニュー

このお店では持ち帰りもやっていて、店の外側から注文するようになっています。もし、会社が近所だったらテイクアウトで色々な商品を頼んでみたいな〜と思ったのでした。今回食べた商品以外にもまだ色々ありそうですからね。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ