ドイツの航空会社、ルフトハンザでいただく和食の機内食と、フランクフルト国際空港の面倒な乗り換え - とある台湾観光の旅行記録

ドイツの航空会社、ルフトハンザでいただく和食の機内食と、フランクフルト国際空港の面倒な乗り換え

パリに旅行に行くために、今回はルフトハンザドイツ航空で関西国際空港からフランクフルト国際空港経由で最終的にパリのシャルル・ド・ゴール国際空港まで参ります。座席やアメニティに感心したりスターシェフ提供の洋食に舌鼓をうったりしましたが、今回は機内食2食目の和食ならびに、フランクフルト国際空港での乗り換えについて書いていきたいと思います。

控えめながら、おやつタイムもあるのでした☆

ケーキ

関西国際空港からドイツのフランクフルト国際空港までは10時間以上の長いフライトです。そのため、昼食から夕食まではかなりの感覚があるので、途中にはおやつタイムがありました。おやつとは言っても、ケーキ以外の選択肢が、おにぎりとかサンドイッチとか果物で、軽食と考える事もできるかもしれません。周りのお客さんはほとんど日本人だったのですが、おにぎり率が高かったような気がする。私はケーキ女子なのでケーキに決まっとろうが!

ルフトハンザドイツ航空の2食目、今回は和食でございます☆

  • 前菜:タイ寿司、豆腐の味噌添え、空豆豆腐、クコの実、山芋、エビ
  • 味噌汁
  • 主菜:鱒の照り焼き、筍木の芽焼、がんも、蕗、ご飯
  • 香の物
  • 水菓子:新鮮な果物

和食

「そろそろ和食が恋しくなる頃・・・」とツアーのパンフレットでは良く見かける単語かと思います。どこの国にいっても、旅程の後半でなぜか和食が入っているんですよね。私はフランスで和食なんか食べる予定はありませんので、ここで食べる和食が最後の和食になると思います。2食目については、もっと手抜きな航空会社もあるとは思うのですが、ここルフトハンザドイツ航空は手抜きなしのしっかり和食を出してくださいます。機内食の和食って、ご飯も寿司もあるパターンがかなり多い気がするんだけど、なぜなんでしょうね?

コーヒー

食後にはコーヒーをいただきました。そういえば、コーヒーフレッシュを開けるとき、日本のものとはちょっと開き方が違うのが印象的でした。全体的に開くんじゃなくて、真ん中しか開かないの。言葉で説明するのはちょっと難しいんですけど、伝わったかしら?

チョコレート再び

そして、今日3回目のチョコレートをデザートにいただきました。このチョコレート裏面をチェックしてみると、ブレーメンで作られているそうですね。調べた所、フェオドーラという現地では有名なチョコレートらしいんですけど、楽天市場で1店舗も通販をしているお店がありませんでした。個人的に輸入すれば、独占販売になるんじゃないの?

ちなみに、ドイツ・ブレーメンのチョコレートといえば日本で一番有名なブランドはハッチェスという所だそうです。こちらなら、何店舗か取り扱っている所がありました。めちゃくちゃ高いですけど、結構美味しそうに見えません?まあ、私は飛行機に乗ってる間に6個も食べたんだし、ドイツのチョコは間違いなく美味しいと言えると思いますよ☆

フランクフルト国際空港、イメージよりは悪い空港だったかな。

ドイツの森

そうこうしているうちに、ドイツの森に入ってきました。日本にいると国土が海と山とあってバランスが良いように思うんですけど、ドイツは当然ながらドイツに入るとほとんど陸地なんですよね。この地図はちょっと見にくいですが、ドイツ名物の森のように見えます。まあ、実際は森ばかりではないんでしょうけど。

ルフトハンザの本拠地

そして、11時間の長旅を終えてルフトハンザドイツ航空の本拠地、フランクフルト国際空港に到着しました。ルフトハンザの本拠地だけあって、さすがルフトハンザの飛行機ばかり見かけます。最近ワンワールドグループに入ったエアベルリンの飛行機もちょくちょくはみかけたけど、エアベルリンはさすがにベルリンが本拠地なんでしょうね。

大きすぎる空港

フランクフルト国際空港はヨーロッパの主要空港だからか、とにかくデカイんです。良い事と言えば、ドイツで入国審査を受ければユーロ圏全ての審査を受けた事になるので、パリではノーチェックで通ることが出来るという事。そもそも、ドイツで入国審査の為の書類すらなかったので、結構寛容な国なんだなと思いました。

ただ、そもそもこの空港はユーロ圏内とそれ以外の行き先とで空港のエリアが分かれているようで、地図を見ながらでも何かとややこしい空港でした。そして、ユーロ圏内へ行くためのエリアへと向かうのですが、ユーロ圏内は日本でいう国内線っぽい扱いなんでしょうね。フランクフルトの空港は雑誌などの記事で見る限りめちゃくちゃ豪華というイメージだったんですが、これだったら羽田の国内線の方が豪華やん・・・と思ってしまったのでした。移動も長すぎるし、かなりのイメージダウンです。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ