フランスのRER(高速郊外鉄道)でシャルル・ド・ゴール国際空港から、パリ市内のホテルまで移動します☆ - とある台湾観光の旅行記録

フランスのRER(高速郊外鉄道)でシャルル・ド・ゴール国際空港から、パリ市内のホテルまで移動します☆

フランスのシャルル・ド・ゴール空港に到着した私は、高速郊外鉄道であるRERのB号線でシャルル・ド・ゴール空港からパリの都心まで行く事にしました。都心までの行き方としては、バスやタクシーもありまして、実際はタクシーが一番手軽で便利なんですけど、タクシーだと旅情も何もありゃしないと思いまして、敢えて電車でホテルまで行く事に挑戦したいと思います。

RERなら、空港からパリ市内まで地下鉄に1回乗り換えられて8.7ユーロ(=950円くらい)です。まあ、市内までは途中ノンストップなら25分くらいなので、距離の割には高いかもしれませんけど、国際線の空港アクセスとしてはそんなに高い方ではないのかな?日本の成田空港や関西国際空港へ行くためのアクセスなんて、やたらと高いですもんね。

REPに乗るまでの案内は非常に分かりやすいのではないでしょうか。

パリへは電車へ

シャルル・ド・ゴール空港のメインターミナルとも言える第2ターミナルにいます。ここから、市内まで電車で行く訳ですけれども、フランスはフランス語だけではなく英語の案内もあるので、迷うことなく行けるのではないでしょうか。「Paris by Train」の案内に従って進めば、そんなに苦労することはないのではないかと思います。

パリ行きの電車自動販売機

さて、案内に従ってパリ行きの電車の自動券売機がある所までやってきました。ここはパリ行きのRERだけではなく、フランス版の新幹線TGVの乗り場もあるんですけど、間違いなくRERの乗り場の方へ行くようにしてください☆ 自動販売機はクレジットカードも使えるのが便利ですね。日本も最近はJRの特急券などは自販機でクレジットカードが使える駅が増えましたけど、フランスは地下鉄の切符を買うのにも使えました。

行き先は分かれています。

こちらが行き先案内になります。空港は都心から見ると20キロちょっと郊外にあるんですけど、この20時前後の時間帯で大体1時間に8本くらいあるようですね。行き先が2つに分かれているので、不安になるかもしれませんが、パリの都心まで行く人は、どの電車に乗ってもたどり着くことができるので安心してください。

自動改札機

こちらが自動改札機です。自動改札機自体は普通ですけど、奥の方にあるバーが旅行者には超不親切です。どうみても、大きなキャリーバッグがつっかえちゃうじゃないですか。そういうことを想定はしなかったんでしょうかね?

これがあの優雅なフランスの電車とはギャップがあり過ぎて驚くわね。

上から見たRERの駅

こちらが上から見たRERの駅になります。現地では、かなり暗いという印象を受けたのですが、実際に写真を見てみるとそうでもないんですね。ただ、無骨な感じで、殺風景な印象は拭えませんね。

RERのB号線に乗ります。

今回乗る電車は、RERのB線です。フランス語が良くわからないので、法則はつかめなかったのですが、空港からパリ市内の中心部の北駅までノンストップの電車と、各駅の電車の2種類があるようです。(本当はもっとあるかも。)まあ、どちらにしろ、都心部分には両方とも全部停車しますので、普通の旅行者はどちらの電車に乗っても変わりはありません。ご安心ください☆

折り返しの電車が到着 

電車は8分置きに都心へ向かって行きますので、そんなに待たなくても電車はやってきました。空港連絡鉄道でありながら、都心部では通勤電車をかねていますので、かなり長大の編成でやってきました。正確には数えなかったのですが、8両〜10両編成くらいでしょうか?

汚い電車

さて、待ちに待ったRERに乗り込んでみたいと思います。まず、印象としては落書きです。日本の電車に落書きが少なすぎるのかもしれませんけど、フランスの電車はとにかく落書きが多い!さらに、どうやって入ったのかわかりませんけど、トンネルの中まで落書きがしてあります。結構優雅なおフランスっていうイメージだったんですけど、旅行者がいきなりコレをみたら、ドン引きなんじゃないですかね?

椅子はマシでしょうか

椅子の方は外国の電車によくあるプラスチック製ではなく、ふかふかしているタイプのため、マシな方ではないかなと思います。旅行客から見たフランスの顔といえる空港連絡電車なのに、なぜもうちょっとキレイに保たないんでしょうね?ヨーロッパの人はこれくらいなら気にしないんでしょうか。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ