ホテル、メルキュールパリモンマルトルの豪華朝食バイキング。品目数は少ないけど、さすがフランスと思うような味わいね☆ - とある台湾観光の旅行記録

ホテル、メルキュールパリモンマルトルの豪華朝食バイキング。品目数は少ないけど、さすがフランスと思うような味わいね☆

2012年3月のパリ・ロワール旅行で選んだホテルは今回もエクスペディア先生で予約したメルキュールパリモンマルトルでした。このホテル、パリの都心からそう離れていない所にあるのに、今回予約した料金が1泊11000円くらい。日本のビジネスホテルの事を思うと高いですけど、パリの水準をおもうと、ホテルの質の割には結構安いホテルなんですよね。

普段は朝食を抜いちゃうこともあるけど、ここの朝食は毎朝食べきったわよ☆

片付けてくれません

メルキュールパリモンマルトルホテルの朝食、ここまでほめている内容ばかりでしたけれども、実は良い事ばかりではありませんでした。この写真を見て分かるように、どうもスタッフが少ないのか、テーブルをなかなか片付けてくれません。まあ、実際ここは4人席ですし、使っていない部分で食べられるので効率的といえば効率的なんですけどね。あとは、無くなった商品もなかなか補充されないので、欲しいものがあったら、早めに取っておくようにしましょう。

ジャム

こちらはジャムになります。ここはフランスだから、コンフィチュールって言わないといけないのかな?こちらは、日によって数種類の選択があり、今日はイチゴのコンフィチュールを選択することにしました。これって使い切りサイズだとは思うんですけど、少食の私からすると、結構無理矢理使った感がありますね。

パンと生ハム

クロワッサン、チョコパンに生ハムです。全部カロリー高そう!なんですけど、朝から生ハムが取り放題で、しかもかなり本格的な美味しさなのがフランスの朝食ビュッフェっぽいなぁ・・と思ったのでした。地元の方が朝食を食べているのをチラチラと見てみるんですけど、これが朝ご飯か!と思うくらい食べている方が多いんですよね。それで必ずしも太っている訳ではないのが羨ましい限りです。

チーズなど

チーズにスクランブルエッグにウインナーです。スクランブルエッグとウインナーはそれほど美味しいという訳ではなかったと思いますが、チーズは格別でした。さすが、チーズの本場フランスと言う所でしょうか。

たっぷりのフルーツもいただきました。私の好きなパイナップルは南国系なので置いてありませんでしたけど、ここフランスは柑橘系が美味しいんですよね。朝から2種類の柑橘類のフルーツをいただきました。

コーヒー

コーヒーメーカーからコーヒーをいただきました。このホテルのコーヒーメーカーですが、毎日のように故障しており、定期的に店員さんに苦情を言っている人がいたように思います。そのことを店員も分かっているのか、ブラックのコーヒーだけは別に前もって準備してありました。コーヒーメーカーってそんなに故障するものなの?と思ってしまうんですけどね。

ダノンのヨーグルト

フランスのヨーグルトといえば、やっぱりダノンのヨーグルトですよね。日本でも見かける会社ですけど、ここフランスは地元だけあって、ダノン製品を見かける機会が多くありました。最近、ヤクルトへの出資を強化するというニュースがありましたね。ダノンは超巨大企業ですし、いずれヤクルトは買収されてしまう可能性があるかもしれませんね。

ビュッフェの展示の仕方もオシャレかな〜と思ったのでした。

食べてるうちに、お客さんの数が少なくなってきたので、ビュッフェを取る場所を撮影することにしました。まずは、チーズやヨーグルトなどが置いてある場所。ヨーグルトは日によって色々な種類のものをいただきました。チーズはいつもこの2種類でしたけど、どちらもめっちゃコクがあって美味しかったよなぁ〜。

スクランブルエッグ・ウインナーなど

こちらは、スクランブルエッグやウインナーなどホットフードが置いてある場所です。1日目の朝だけワッフルも置いてあったように思ったんですが、いつの間にか品切れになった後、二度とワッフルを見かけることはありませんでした。1回くらい食べておけばよかったかな〜。

こちらはパンやジャムなどが置いてあるエリアです。一見雑多に置いているようにも見えますけど、カゴの雰囲気などが私には好みです。パンの種類は5種類ほどあり、日によって少しずつ変わっているようでした。どのパンも美味しかったけど、私はクロワッサンが一番お好みだったかな?

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ