ルイヴィトン本店(シャンゼリゼ通り)店員も日本語ペラペラで簡単に買い物できました。アジアのお客さんばかりだったわ。 - とある台湾観光の旅行記録

ルイヴィトン本店(シャンゼリゼ通り)店員も日本語ペラペラで簡単に買い物できました。アジアのお客さんばかりだったわ。

フランスを代表するブランドの一つであるルイ・ヴィトン。ブランドものに全然興味のない私でも、財布などはちゃっかりルイ・ヴィトンを使っているのです。そんなルイ・ヴィトンはその創業が1854年で、ブランド名と同じルイ・ヴィトンさんが作ったものでした。その後の息子のジョルジュさんがヴィトンを大きく発展させ、ここシャンゼリゼ通りのお店は1914年にオープンする事になります。もうすぐ100年が経つということなんですね。

ここ、シャンゼリゼ通りの本店はメゾンと呼ばれる文化的要素を持っており、フルラインの製品をそろえる旗艦店なんだそうです。ヴィトンのお店自体は世界中にあるんですけど、そんなメゾンと呼ばれるお店は世界でたったの9店舗しかないんだとか。日本には1店舗だけメゾンがあるんですけど、それは神戸の旧居留地にあるんだそうです。へぇ〜、地元にそんなに大きなヴィトンがあったんですね。今度一度見に行ってみようかな。

今回は、自分の為ではなく友達に頼まれた商品を買いに行きました。

私は財布・小銭入れ・キーケースの3商品でヴィトン製品を使っているんですけど、ヴィトンって結構持ちが良いためか、使える間は使っちゃおうと思っちゃうんですよね。本当は財布は運気が逃げるそうなので長く使うのは良くないと聞いているのですが、それもひねくれた考え方をすると財布業者の策略ではないかと思ってしまうのです。

ネスプレッソと犬

さて、ヴィトンは店内撮影禁止なので写真がちょっとしかないため、周りの風景からスタートしたいと思います。近くにスイス・ネスレのコーヒー機材販売屋さん、ネスプレッソのお店がありましたけど、カワイイ子犬が店の前で鎮座してました。飼い主さんが、中でコーヒーメーカーでも買っているんでしょうかね?微笑ましい風景であります。

新聞スタンド

フランスには日本で見かけるようなコンビニをほとんど見かけません。正確には0ではないのかもしれませんけど、私が旅行している間は1軒も見かけることはありませんでした。そんなコンビニに取って代わっているのが、ここフランスではこういった新聞スタンドなのかもしれませんね。新聞や雑誌の他にちょっとした小物類を買う事も出来ます。

ソシエテジェネラル

近くには、フランス2位の銀行であるソシエテ・ジェネラルの銀行を見かけました。本店は当然ながらパリなんですけど、ここは本店なんでしょうかね?ここは、フランスの銀行でありながら、第3位の株主として明治安田生命が名を連ねているのです。日本の生命保険会社も結構頑張ってるね。

トヨタのショールーム

フランスで日本車といえば、私はカルロス・ゴーン社長の日産を思い出してしまいますが、皆さんはいかがでしょうか?ここは、ルイ・ヴィトン本店の近くにある、トヨタのショールームでした。私はあまり車に詳しくないのですが、説明を読む限りはここヨーロッパ限定のモデルも販売しているようでした。確か、トヨタはヨーロッパでの売り上げを向上させるために、一旦F1に参入していたと思うんですが、いつの間にか撤退していたんですね。ヨーロッパでの売り上げは思惑通り向上したんでしょうか!?

ルイヴィトン本店

さて、そんなシャンゼリゼ通りにあって、建物自体はそれほど大きくないものの存在感があるのが、やはりこのルイヴィトンの本店なのです。各面にあるディスプレイもそれぞれオシャレなものとなっています。中は旗艦店と言うだけあって、品揃えは豊富で、友達に頼まれた商品もすぐに見つかりました。対応してくれたのは、ちょっと優しいお兄さん風の地元の人だったんですけど、なんと日本語はペラペラでした。

せっかくなのでちょっと雑談もしたんですが、地元の女性は喫煙者ばかりで魅力がない。日本人の女性が羨ましいと言ってました。まあ、そんなに日本の女性が素晴らしいかっていうとそれは幻想なんだと思うんですけどね。まあ、日本の女性の喫煙率がフランスよりは低いってのは確かなんですけどね。(日本が9%、フランスが20%らしいです。)

ルイヴィトン本店の遠景

そして、ルイ・ヴィトン本店の遠景を撮影しました。上のロゴが決まっていますよね。ちなみに、ヴィトンは日本や香港・中国あたりでは良く見かけますし、香港のヴィトンなんて、入るのに大行列をしているように思います。でも、地元の人があまりヴィトンを持っているのは見かけないんですよね。フランスのブランドなのに、なぜかアジアで大人気ってなぜなのでしょうね?

ヴィトンの横はHSBC

そんなヴィトンの横には、なぜかイギリスの銀行、HSBCがありました。このHSBC、最近までは神戸にも出店していたけど、いつのまにやら撤退していましたね。本当に短い期間しかなかった気がするけど、ヨーロッパではさすがに今でも強いんでしょうね。そんなHSBCは日本国内では、日本で一番最初に出来た銀行なんです。こんな事を知っていても何の役には立たないとは思いますが、一度聞くと忘れないと思いませんか?

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ