国内旅行・海外旅行で利用できる空港ラウンジを徹底特集。空港ラウンジは、クレジットカード・ANA・JALの3グループに分けられます☆ - とある台湾観光の旅行記録

国内旅行・海外旅行で利用できる空港ラウンジを徹底特集。空港ラウンジは、クレジットカード・ANA・JALの3グループに分けられます☆

とある台湾観光の旅行記録には、よく空港ラウンジの記事が登場します。「空港ラウンジなんて、自分には縁がないよな〜」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、銀行系のクレジットカードでなければ意外に作りやすいゴールドカードもあるため、そんなにハードルが高いものではなく、年会費も数千円のものからあるようです。

そんな中でも、当ブログは国際線を利用することが多い読者の皆さんを想定しているため、楽天プレミアムカードをイチオシカードとしてご紹介したいと思っています。楽天プレミアムカードは、国内線を利用する時には国内主要22空港でラウンジを利用する事が出来ます。大部分の人が使う空港はほぼ網羅されているので非常に便利なんですが、私が注目したいのは、国際線利用時にエコノミークラスやツアーであってもラウンジを利用することができるプライオリティパスなのです。

このプライオリティパス。世界各国で空港ラウンジが利用できるようになるフリーパスのカードなんですが、その利用できる空港の数はいくつだと思われますでしょうか?なんと、世界100カ国以上、300以上の都市で600以上ものラウンジがタダで使えちゃうわけなんです。当ブログは台湾ばかり行っていますけど、台湾では桃園国際空港のTHE MORE プレミアムラウンジが対象です。興味のある方は見てみてくださいね。

そんな楽天プレミアムカード。これだけラウンジが使えるんだから、さぞ年会費も高いんだろうな〜と予想されるのですが、いくらだと思いますか?なんと、これでたったの10,500円なのです。普通のゴールドカードと全然変わらないんですよね。本来はラウンジに入るのは1回3,000円くらいの価値があると言われているので、年に4回くらい旅行や出張で海外に行くという方は役に立つと思いますよ☆

この楽天プレミアムカード。今なら楽天ポイントが10,000ポイントももらえるキャンペーンを実施中です。ということは、初年度の年会費は実質ほぼ0円ってことですよね?ということは、空港ラウンジを試してみたい・・という方には今は非常にお得な時期なのではないかと思うのです。皆さんはいかがでしょうか?

空港ラウンジには種類があって、大きく3つの系統に分かれています。

さて、空港ラウンジには上で上げたようなクレジットカードで利用できるラウンジがある訳ですが、それ以外にも航空会社が直接経営しているラウンジもあるんです。このブログでは、そういったラウンジもできるだけ多く紹介しています。このブログでご紹介しているラウンジをざっくりと3つにわけてみると、以下のようになりますよ☆

このうち、1つ目についてはこの記事の前半で述べた方法で利用することができます。で、2つ目と3つ目についてなのですが、航空会社のラウンジを利用するには航空会社の上級会員になる必要があるのです。「上級会員?敷居が高いな〜」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実際その通りで、上級会員になるためには特定の条件を満たさなくてはいけません。その条件とは、

  • 年間50,000ポイント以上の飛行機搭乗
  • 年間50回以上の飛行機搭乗(JALグループのみの条件)

のいずれかの条件を達成しなくては行けないのです。ポイントというとちょっとややこしいかもしれませんが、基本的には搭乗で付加されるマイル数がポイントになり、国内線ではさらに2倍で計算されます。毎年50,000ポイントも乗らねーよというご指摘、ごもっともです。私もこのブログを始めるまでは普通に年1〜2万ポイントでした。

そんな方にお勧めしたいのは、航空会社のクレジットカードなのです。実は、航空会社のクレジットカードを保有していると、上記の条件を一生で1回でも達成すれば生涯航空会社の上級会員として扱われるのです。ということは、一生の間で1回だけまとめて飛行機に乗る年があれば良いわけなのです。1年だけであれば50,000ポイント乗ることも出来そうではありませんか?当ブログでは、そういった搭乗の為にオススメする航空券についても後日ご紹介したいと思っています。

その前に、航空会社の上級会員になるには、まずはANAカードかJALカードを持つ所からスタートです。空港でのラウンジの利用・手荷物優先受取・専用のチェックインカウンター・優先搭乗など、一度利用しだすとコレなしでは旅行できなくなってしまう魔力が航空会社の上級会員にはあります。皆さんも当ブログを参考に、航空会社の上級会員を目指してみませんか?ちなみに、旅行や出張がない方は5万ポイントを貯めるのに最低20万円はかかりますので、お小遣いを貯めておきましょう☆

ほむらのおすすめ、ANAならJCBカードです☆

JALカードならCLUB-A以上のカードが必要なので気をつけてくださいね☆

とある台湾観光の旅行記録で訪問した全空港ラウンジをご紹介します☆

以上のようにして、私は世界中の空港ラウンジを網羅できるように事前の準備をしています。その中で実際に利用したラウンジをできるだけたくさんご紹介していきたいと思いますので、以下のレポートの中から、皆さんがラウンジを利用するために作るクレジットカードを選んでみてくださいね。

ゴールドカードもしくはプライオリティパスで利用できるラウンジ

羽田空港国際線 スカイラウンジ 関西空港大韓航空KALビジネスラウンジ 台湾桃園空港 THE MORE プレミアムラウンジ 関西国際空港カードラウンジ六甲 伊丹空港ラウンジオーサカ 神戸空港ラウンジ神戸 福岡空港くつろぎのラウンジTIME 那覇空港ラウンジ華 長崎空港ビジネスラウンジアザレア

ANAグループ(スターアライアンス)の上級会員が利用できるラウンジ

羽田空港国際線ANAラウンジ 成田空港国際線到着ラウンジ兼国内線出発ラウンジ 伊丹空港ANAラウンジ 新千歳空港ANAラウンジ 福岡空港ANAラウンジ 那覇空港ANAラウンジ 関西国際空港ラウンジ飛鳥(ルフトハンザで利用) 関西国際空港国内線ANAラウンジ 仁川空港 アシアナ航空 ビジネスクラスラウンジ フランクフルト空港 ルフトハンザビジネスラウンジ シャルル・ド・ゴール空港 スターアライアンスビジネスクラスラウンジ 台湾桃園国際空港エバーグリーンラウンジ(エバー航空)

JALグループ(ワンワールド)の上級会員が利用できるラウンジ

羽田空港国際線サクララウンジ(ブッフェ) 羽田空港国際線サクララウンジ(シャワー) 羽田空港国内線サクララウンジ 伊丹空港サクララウンジ 台湾桃園空港サクララウンジ サンフランシスコサクララウンジ 台北松山空港AIRLINES VIP LOUNGE(ANAも共通利用) 

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ