大人気のエッフェル塔ディナー。アラン・デュカスの58・トゥール・エッフェルはツアーで申し込まなくても自力で行けますよ☆ - とある台湾観光の旅行記録

大人気のエッフェル塔ディナー。アラン・デュカスの58・トゥール・エッフェルはツアーで申し込まなくても自力で行けますよ☆

JTBのオプショナルツアーで、パリのエッフェル塔ディナーとセーヌ川クルーズを楽しんでいます。今回は、その前半、パリのエッフェル塔ディナーについてご紹介したいと思います。今回のエッフェル塔ディナー、私は事前に知らなかったので知らなかったのですが、行こうと思えば自力で行けるのではないかと思います。今になって調べてみると、日本語で予約できるサイトもあったんですね。(ただし、旅行会社のサイトなので円換算のレートがやや悪く、さらに手数料も1,000円かかるそうです。)

そんなエッフェル塔のディナーは、58・トゥール・エッフェルというお店なのです。エッフェル塔の中で食べるわけだから、さぞスゴいお店なんだろうな〜と思っていた所、なんとプロデューサーがアラン・デュカスだと紹介が。

周りの参加者の方は聞き流してましたけど、アラン・デュカスといえば、モナコの超有名シェフで、時々東京でもランチイベントをやっている方。ダイナースカードを持っていると申し込みが出来るんですけど、私は関西在住なので、なくなく参加を断念しているのです。また、この方は史上最年少で3つ星シェフを取っている方なんです。そんな方が提供するレストランだというと、期待できそうではないでしょうか?

そんなツアーもまずはコンコルド広場から始めましょう☆

コンコルド広場

JTBのマイバス社があるオペラ座界隈から、エッフェル塔までバスで移動することになりましたが、途中コンコルド広場を通ることになりました。コンコルド広場は前回パリに来た時に市内観光で行ったので、今回は訪れませんでしたけど、なんといってもフランス革命の時にルイ16世やマリーアントワネットが処刑された事で有名ですよね。一度も行った事がないという方は、是非とも一度行ってみることをオススメしたいと思います。

またもオープントップバス

先ほどオペラ座で出会ったオープントップバスにまたもお会いしました。こういったバスって一見運賃が高いように思えますけど、このように主要な場所を回ってくれて、旅行会社の市内観光よりは安いということを思うとお得感があるのかもしれませんね。奥の方には、コンコルド広場のシンボルであるオベリスクも見えますね。これは、エジプトのルクソール神殿にあったものが寄贈されたものなんだそうです。

エッフェル塔が近づいてきました

さて、私たちのバスはそんなコンコルド広場を過ぎ、エッフェル塔の近くまでやってまいりました。この時間は夕方だけあって、交通量が多いですね。渋滞をするほどではありませんでしたが、ガイドさんの話によると渋滞することもあって、その時はエッフェル塔までもっと時間がかかってしまうんだそうです。

バスは停められるんですね

で、エッフェル塔の裏に到着しました。ここはPと書いてありますが、もしかしてバスなら停めても良いんでしょうか?確かに、周りはバスがたくさん駐車してありますけど、さすがに長時間はダメなのかな?

レストランって書かれた分かりやすいBOX、ここでチケット買えそうね

エッフェル塔

さて、バスはエッフェル塔のすぐ近くに停まりました。ここからは、エッフェル塔の真下まで歩いて、エレベーターでレストランまで登ることになります。

真下に来ました

歩く事約3分。エッフェル塔の真下までたどり着きました。遠くからのエッフェル塔はパリ市内中から見る事ができますけど、こういった真下からのアングルというのは、なかなか撮影できるものではないですよね。

チケット売り場

さて、ガイドさんがチケットを準備するということで、後ろを付いてきてみたのですが、このように超分かりやすいレストランと書かれた販売所がありました。ということは、もしその場で空きがあればここで正規の値段で買えるということなんでしょうか。

ちなみに、58・トゥール・エッフェルの一番安いディナーは70ユーロ(=7500円くらい)でした。本当は前菜もメインも選べるんですけど、JTBのツアーだと既にメニューがフィックスされちゃっています。そう思うと、空きさえあるのであれば、自分でここに買いにくるのが一番良いのかも?と思うんですけど、空きがあるのか心配なので、事前の予約を入れた方が確実なのかもしれませんよね。

日本の予約会社だとユーロを120円くらいで計算してて、さらに手数料も取られるためちょっと高めなので、英語が出来るという方は、事前に公式ページから予約を入れておくことをお勧めします。

エッフェル塔のエレベーターチケット

さて、今回私たちは既に旅行会社で予約済みなので、後になってこんなに調べても後の祭りです。ガイドさんから、エッフェル塔のエレベーターチケットを受け取って、第一展望台にある58・トゥール・エッフェルへ向かうことにしましょう☆ ツアーもここまでは良かったんですけど、ここからはグダグダの連続になるんですよね。去年流行ったアニメ、gdgd妖精sよりもグダグダなんじゃないかと思う展開は次回以降の記事にご期待ください☆

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ