日本⇔台湾の飛行機便は多いけど、日本以外から台湾って行きやすいんだろうか? - とある台湾観光の旅行記録

日本⇔台湾の飛行機便は多いけど、日本以外から台湾って行きやすいんだろうか?

本籍地に請求していた戸籍謄本が届いたので、やっとパスポートの更新を申請しに行きました☆ 投函してから9日もかかってるよ〜。

さて、更新中のパスポートを受け取るまで台湾旅行に行けないので、英語の勉強も兼ねてイギリスの観光ガイド『The Rough Guide to Taiwan』を読みながら台湾の観光についてまとめて行きたいと思います☆

今日読む記事は『台湾に行くにはどうすればいいの?』です。

台湾に行くにはどうすればいいの?

台湾の国際線と言えば、最近は東京からだと台北松山空港の知名度が上がってきていますね。私も関西からの出発ですが、値段が同じなのにANAのマイルが2倍以上貯まるという身勝手理由で羽田経由を選ぶ傾向にあります。まあ、JALと違ってANAは関西から台北行きの飛行機は飛んでませんけどね・・・・。

さて、その台北松山空港ですが、当然欧米からですと直行便が飛んでいないため、欧米の人は基本的には桃園国際空港を利用することになります。桃園国際空港は首都台北の中心部から南西に約50km。今まで私が行ったことのある国際空港の中では、やや遠い方かな?と言った所でしょうか。

日本からだと台北への直行便が当たり前のように各地から飛んでいますけど、欧米のキャリアはそれほど台北への直行便を飛ばしていないそうです。この本では、まず一般論として香港まで行くと台北・高雄までの接続便が毎日多数飛んでいると解説されています。

次は、いろんな国からの台湾までの行き方についてです。

まずはイギリスとアイルランド。まずこの2カ国から紹介される所が、さすがイギリスの本です。残念ながら、イギリスやアイルランドからは台湾への直行便は不足気味だそうで、香港またはバンコクで乗り継ぐことが推奨されています。香港ならまだしも、バンコクってちょっと遠い気がするけど・・!?どうしても直行便がいいという方向けには、チャイナエアラインのロンドン⇔台北便が紹介されています。値段は約800ポンド(約96,000円)。でも、このチャイナエアラインのロンドン行き、3月で運休になっちゃうんですよね。

次は、アメリカとカナダから台湾への行き方が紹介されています。幸いにもアメリカからはロス・ニューヨーク・シアトル・サンフランシスコといった都市から台北への直行便が出ています。値段は1000$(約78,000円)くらいです。カナダからもバンクーバーから台北への直行便をエバー航空が運行しています。こちらは1400カナダドル(約105,000円)くらいですね。

次は、オーストラリア・ニュージーランド・南アフリカから。南半球つながりやけど、南アフリカだけ浮いてない?!オーストラリアからの便はほとんどがアジアのどこかでストップオーバーが必要だそうです。一番接続がいいのは香港経由のキャセイパシフィックだとか、さすがイギリス系の国同士ですね。他にもチャイナエアラインがシドニー・ブリスベンと直行便を、エバー航空がブリスベンと直行便を出しているそうです。ニュージーランドからの便はさらに限られて、ニュージーランド航空・キャセイパシフィック・シンガポール航空あたりで途中の乗り継ぎが必要だそうです。値段は約2,000ニュージーランドドル(約120,000円)です。

で、次は中国から。あれ?南アフリカの話は?タイトルにあるのに、すっかり忘れられているようですね。

現在は、昔とは違って台湾と中国の航空便が多く運行されています。北京(約3時間半)・上海(約1時間半)・広州(約2時間)あたりからの直行便はアジアを周遊する欧米の人には使い勝手が良さそうですね☆ また、この本でオススメされているのが船での入国です。ルートは福州と馬祖の間などです。船か〜。それは思いつきませんでしたね。ちょっと旅行期間が長めに必要ですけど、いつかは試してみたいものです。

後はビザの話。台湾から中国へ旅行するとき、中国の領事館が台湾にないので、あらかじめ自分の母国か香港で中国のビザを取っておくことが薦められています。そういえば、私がビザを取ったのって未だにカンボジアの1回きりだなぁ・・・。日本人はその点恵まれているのかも!?

【送料無料】The Rough Guide to Taiwan

【送料無料】The Rough Guide to Taiwan
価格:3,410円(税込、送料別)

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ