ラウンジオーサカ(大阪伊丹空港)ゴールドカードで利用できます。設備自体は良いと思うんだけど、場所が中途半端すぎるのが残念 - とある台湾観光の旅行記録

ラウンジオーサカ(大阪伊丹空港)ゴールドカードで利用できます。設備自体は良いと思うんだけど、場所が中途半端すぎるのが残念

今回は、ちょっと海外旅行から離れまして、4月に東京に出張で行った時の話です。今回はクレジットカードのゴールドカードで利用できるラウンジである、ラウンジオーサカをご紹介したいと思います。ラウンジオーサカは伊丹空港のANAとJALのちょうど真ん中である、中央ブロックの2階にあります。本当にターミナルビルのちょうど真ん中ですね。場所自体は分かりやすいですが、両社のカウンターからも遠く、手荷物検査の外のエリアであることだけが残念なのです。

伊丹空港「ラウンジオーサカ」の概要です。

  • 営業時間:6:30〜20:00 (受付締切 19:30)
  • クレカ所有者本人以外の料金:同伴者 1名様 1,200円/3歳以上18歳未満 600円/3歳未満 無料
  • 席数:77席(禁煙 60席/喫煙 17席)
  • 利用できるクレジットカード:VISA、JCBのゴールド、アメックス、ダイナース、楽天プレミアムカードなど

全国22の空港だけじゃなく、海外600カ所の空港で使えるのは・・?

国内の出張・ご旅行くらいしか行かない、というのであれば自分が利用する航空会社のカードが一番のオススメになりますが、海外旅行も行くし、ツアーだとANAやJALの飛行機にはあまり当たらないわね・・。という方には楽天プレミアムカードがオススメです。このカード、国内の主要22空港のラウンジが使えるだけではなく、世界600の空港のラウンジで使えるサービスが付帯されているのです。

もちろん、このブログでは一番利用頻度の高い、台湾桃園空港のラウンジ、MORE PREMIUMラウンジも利用OK☆ そんなクレジットカードなのに年会費はたったの10,500円なのです。この世界のラウンジ利用のサービスはプライオリティパスというんですけど、本当は年399$もするサービスなんですよね。それがたったの10,500円で手に入るなんてお得すぎじゃないですか☆ 今、当サイトからお申し込みいただければ楽天ポイント10,050ポイントもプレゼントですわよ☆ つまり、実質初年度はタダで楽天プレミアムカードが持てるってことね。

上でも書いたけど、場所だけがちょっと残念かな。

ラウンジオーサカ

さて、ターミナルビルの2階、中央ブロックの2階にやってまいりました。ここにご覧のようなラウンジオーサカの入り口があります。ここは、空港バスからだとちょっと来にくいですけど、大阪モノレールを使ってくる人だと、比較的来やすい場所なんですよね。大阪空港って結構バスが便利ですが、モノレールとどちらを利用する人が多いんでしょうね?

グレープジュースアップ

中では、無料のコーヒーやソフトドリンクをいただく事が出来ます。(残念ながらアルコールは有料です。)その中から、今回はグレープジュースをいただくことにしようかな。後ろが配線でやたらと散らかっているように見えますけど、ここは・・・

パソコンでした

デスクトップパソコンが置いてあるエリアでした。今の時代、仕事ならノートパソコンやタブレット端末を持ち歩いている方が多いとは思うのですが、ここのラウンジにはパソコンが10台設置してあります。最近は、無線LANの整備は進んだものの、パソコンまで設置しているラウンジは減少した気がしますので、これは嬉しいサービスではないでしょうか?

雰囲気

平日の昼間とあり、席は半分も埋まっていない感じですね。これが、朝や夕方の出張客が多い時間帯だとちょっと変わってくるのでしょうか。私の周りがほとんど誰もいなくなる瞬間があったので、雰囲気を写真に撮ってみました。こんな感じですね。椅子は最新式のものではないように見えますけど、全体的に落ち着いた感じで私は好みです。

大阪春秋

時間があるので、何か雑誌でも読むかな〜と思ったのですが、ちょっと面白い雑誌として、大阪春秋が置いてありました。見た事ないよな〜と思ったのですけど、なんとあのAmazonでも売っていません。これって結構貴重な雑誌なのかもしれませんね。「大阪の歴史・文化・産業のみならず、埋もれている文化的な遺産を掘り起こし光を当てていきます。」というテーマで作られている季刊誌だそうなので、興味のある方は是非読みにきてみてくださいね。

コーヒーメーカー

さて、ラウンジでは定番のコーヒーメーカーです。今回は、この後JALのサクララウンジにも行く予定だったので、ここでコーヒーはいただきませんでした。

入り口

大体40分くらいゆっくりとしたので、搭乗口の方へ移動したいと思います。ここのラウンジ、場所が荷物検査の後のエリアにあると、搭乗ギリギリまでゆっくりできるのに、それだけが残念な所でしたね。まあ、荷物検査の後のエリアのカードラウンジなんて、羽田空港にしかないのかな?アレが便利すぎるだけで、羽田が特別なのかもしれませんんけどね。

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ