伊丹空港サクララウンジとJAL114便伊丹→羽田(クラスJ) - 伊丹から来たのに、伊丹空港に乗り継ぎをする人が? - とある台湾観光の旅行記録

伊丹空港サクララウンジとJAL114便伊丹→羽田(クラスJ) - 伊丹から来たのに、伊丹空港に乗り継ぎをする人が?

2012年4月にお仕事で東京に行く時に登場したJAL114便の話です。今回は、ちょっと早めに伊丹空港に到着しまして、まずはカードラウンジのラウンジオーサカの方に入りました。そちらで40分ほどゆっくりした後、今度は搭乗口のすぐ近くにあるサクララウンジの方に移動したいと思います。

今回のクラスJは一番前が珍しく取れたのでした。

普段のJALは国際線の乗り継ぎの国内線搭乗ばかりなので、なかなかクラスJやファーストクラスに乗る機会がないのですが、今回は久しぶりに普通に国内線の航空券を買ったので、久しぶりに事前の予約でのクラスJの搭乗となったのでした。そのクラスJは最初、一番後ろの列を指定していたんですけど、カウンターの方に、「今回は一番前が空いています。」と言われたので、3列目に変更します。まあ、実際は前でも後ろでも変わりないのでは?と後から思ったんですけどね。

伊丹空港サクララウンジ入り口

さて、搭乗時刻の11:10にはまだちょっと時間がありますので、サクララウンジにお邪魔する事にしたいと思います。今回は伊丹空港北ターミナルの18番搭乗口の近くにある方のサクララウンジにおじゃましました。伊丹空港ってそれほど広いわけではないのに、2つもサクララウンジがあり、しかも結構ゆったりとしているんですよね。フランクフルトのルフトハンザビジネスラウンジには、少しでも見習ってほしいと思います。

高級なお酒

サクララウンジの定番、多分高級なお酒です。ビールとか20過ぎの頃はあまり飲めなかったんですけど、歳を取れば飲めるようになると言われ続けて早8年。全く飲めるようになる気配はないですね。40くらいになったらガハガハ笑いながら飲めるようになるのかな?

ピーナッツとコーヒー

定番のアイスコーヒーとピーナッツをいただきます。最近JALのピーナッツはこういう風にお皿に取る形式に変わりましたけど、以前の袋の形式のものよりも断然美味しくなりました。これだと、勝手に持って帰る泥棒も出る事がないですし、一石二鳥の変更だったのではないでしょうか?

JAL121羽田行き

そうこうしているうちに、JAL114便羽田空港行きの搭乗時間になったので、17番ゲートに向かいたいと思います。結構ゆっくり目に行ったからか、既に行列は全部はけていましたね。

クラスJ一番前の席です

今日はクラスJの一番前の席ですが、ファーストクラス付きの機材だったために、前はカーテンで仕切られる事になります。近所の席の人が「あのファーストクラスは今日は空いてないの?」と聞いていたんですが、実際の座席を見てサービスを受けてみたくなったんですかね?羽田ー伊丹のファーストクラスが空いているのってほとんど見た事がないんですが、空いていたら8000円払って変更できるものなんでしょうかね?食事の観点から無理なのかな!?

スダチジュース

今回のクラスJのスペシャルドリンクは徳島のすだちジュースでした。3月までは野菜ジュースで個人的にはそっちの方が好みだったんですけど、残念ながら変わってしまったんですね。4月は、ファーストクラスのお食事も徳島にちなんでいるそうで、徳島三昧の1ヶ月だったようです。徳島は、一旦撤退したANAが羽田線に再参入した空港、JALとの競争が激しくなっているのかもしれませんね。

伊丹空港にお乗り継ぎ!

さて、今回も何事もなく羽田空港につきましたが、今回は久しぶりに面白い乗り継ぎを見つけました。普段は、札幌とか、青森とか、当たり前の所ばかりの乗り継ぎが案内されているのですけど、今日はなんと伊丹から来たのに伊丹に乗り継ぎの方がいらっしゃったのです。なんて短い羽田空港の滞在時間なんでしょう!JALは50回搭乗したらサファイア会員という上級会員になれますので、それ狙いで東京ー大阪を往復しているんでしょうね。お疲れ様です。

JAL114便 伊丹空港→羽田空港(クラスJ)

  • 今回の搭乗マイル(ボーナス込み)→ おともでマイル割のため0マイル
  • 今回のフライオンポイント→おともでマイル割のため0ポイント

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ