鼎泰豊(立川高島屋店)- 初めて食べたホタテ小籠包は美味しいけど、店員さんが嫌がらせかと思うほどグダグダ。もう二度と行きません。 - とある台湾観光の旅行記録

鼎泰豊(立川高島屋店)- 初めて食べたホタテ小籠包は美味しいけど、店員さんが嫌がらせかと思うほどグダグダ。もう二度と行きません。

このブログは台湾中心のブログとあって、外食と言えば小籠包ではないでしょうか?小籠包といえば台湾では鼎泰豊が一番の有名店ですけど、ここはあまりに有名すぎるからか、日本国内の店舗数の方が台湾国内数の店舗数より多いのです。ご存知でした?台湾は先日台北市内からMRTで行ける板橋に新店舗がオープンしましたけど、これでまだ8店舗目。一方日本には東京都内の5店舗を始め、全国津々浦々の合計11店舗あるのです。

午前11時台に行ったけど、既に並んでいたわね。日本でも大人気ね。

ディンタイフォン立川店

さて、鼎泰豊の立川店は駅から北に徒歩5分くらいの高島屋の中にあります。鼎泰豊がいくら日本人に人気とはいえ、さすがに午前11時半くらいに行けば並ばずに食べられるだろう・・と思っていたのですが、なんと既に10人以上のお客さんが列を作っていました。なんとこんなに人気だとは・・・

お茶

それでも、15分ほど待っていると席に案内されました。小籠包は次々と出されて行きますし、意外に回転が早いお店なのかもしれませんね。

お決まりの小籠包セット

今回は、サンラータンメンセット(1,470円)というのとホタテ入り小籠包4個(588円)を注文しました。サンラータンメンセットの小籠包は4個と少ないんですけど、日本の人はこれで満足なんでしょうか?私が毎回15個とか20個食べてるので、段々感覚がおかしくなってきたのかも!?

小籠包4個入り

さて、小籠包の4個入りが運ばれてきました。普通の小籠包は最初から準備しているからか、さすがに早いですね。

スープもまあまあ

スープの量もまあまあなのではないでしょうか? まあ、実際の所は台湾の方が美味しいような気がするんですけど、レシピは同じはずですよね。後は雰囲気の問題なのかもしれませんね。

と、ここまでは名店だったんだけど、ここからグダグダショーが始まります。

サンラータンメン

さて、サンラータン麺・・と思いきや、店員さんはどういうわけか海老麺を持ってきました。そんな間違いどうなの?と思ったけど、すぐに作り直してくれるそうなので、しばらく待っていると意外に早くサンラータン麺が運ばれてきました。台湾のお店でも時々酸辣湯は飲みますけど、それに比べるとかなり薄味かなと思いました。まあ、麺なのであえてそうしてるんでしょうけど、そのままの味で麺にしてくれると私は嬉しいんだけどな。

小菜

セットについている小菜です。普段の台湾の小菜に慣れていると、盛り方を間違えたんじゃないの?と思いたくなるほどの小盛ですよね。

ホタテ小籠包

で、ここまで食べてずっと待っていたんですけど、待てども待てどもホタテ小籠包が運ばれてくる気配がありません。聞いてみると、注文が通っていませんでした。若いお姉ちゃん、ちゃんと復唱して確認してたのに何事だよ。こんなに注文さえ通せないんだったら、台湾みたいにシート形式にすればいいのに・・と思います。

結局しばらくするとホタテ小籠包が運ばれてきますけど、急いで作ったのだと思われますし、ちょっと普通の小籠包よりも作り方がいい加減のようにも見えてしまいます。感情が悪い方向に向かうとそのように感じてしまうのかもしれませんけどね。

新しい味わい

でも、味わいはホタテの味が強くていつもの小籠包とは違い新しい体験でした。対応は悪くてもさすがは鼎泰豊の味と言う事なんでしょうね。

レジで、最後偉そうな人に謝られたので、本当はこのお店はちゃんとしているお店だと思うのですが、1ミスならともかく、1回の訪問で2ミスもされてしまうともう行く気もなくなってしまいますよね。おそらく2ミスとも同じ店員さんのせいだとは思うのですが、台湾のお店に何度もいっても1度もミスなんて体験したことがないだけに、日本の鼎泰豊はやっぱり別物と考えるべきなのかな〜と思ってしまったのでした。値段も高いし、この支店はもう行かないと思います。

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ