ホテルシティコート(那覇/美栄橋)- 楽天トラベルで超高評価。でも、私にとっての致命的なポイントがありました。それは? - とある台湾観光の旅行記録

ホテルシティコート(那覇/美栄橋)- 楽天トラベルで超高評価。でも、私にとっての致命的なポイントがありました。それは?

今回の那覇旅行で宿泊先として選んだのが、モノレール美栄橋にあるホテルシティコートです。駅からは大体8分くらいと行った所でしょうか。このシティコート、公式のページで出てくる写真を見てみると、

と結構良いように見えませんか?まあ、確かにこの写真の通りではあると思うんですけど、まあ値段も安いということで個人的にはバランスは取れているのかなと思ったのでした。実際、楽天トラベルの評価が高いので、予算を絞った那覇旅行なら悪くないと思うのです。個人的にはシングルなら、もうちょっとお金を出してダイワロイネットホテルが那覇のベストチョイスだと思いますけどね。

4,480円で泊まった今回のホテル。悪くないけど、致命的な点は?

地図

ゆいレールの美栄橋駅で降りて地図を見てみます。距離はざっとこんなものですね。途中大通りである国道58号線を渡らないといけないので、その信号次第で8〜10分くらいはかかるのではないでしょうか?公式では徒歩6分となっていますが、旅行だと荷物が多いので、6分で行くのはちょっと厳しいかな?

なぞの池

暑い中、頑張って歩いてホテルシティコートに到着しました。到着すると、謎の池が出迎えてくれます。中に魚が泳いでいる普通の池ではあるんですけど、ライトが謎の色だと思いませんか?ちょっと夜の街というイメージがしてしまいます。

吹き抜け

上の公式ページにあった写真と同じ吹き抜けを上から上から撮影してみました。あれ?上の写真だと緑いっぱいなんですけど、実際はちょっと控えめ過ぎませんかね?まあ、部屋にはあまり関係のない事なので、悪くはないと思うんですけどね。ちなみに、この吹き抜けの真下、3階には宴会場がありまして、私のように運が悪いと結構うるさいなんてことになるかもしれませんので、それは運次第なんじゃないかと思います。

宴会場

その宴会場を上から覗き込んでみるとこんな感じ。チェックインした時ではないのですが、夜に国際通りの方に遊びに出かけていて、夜の9時くらいに戻ってくると、ちょうど宴会が解散した時だったようです。宴会場の雰囲気としてはかなり良いんじゃないかと思うんですけど、なぜこんなに音が響くような宴会場にしているんですかね?

では、お部屋チェックに入りたいと思います。

部屋の雰囲気

部屋の雰囲気はこんな感じでした。ちょっと太陽が差し込まない関係で暗くなっていますけど、4,480円で泊まっているホテル・・ということを考えると悪くない雰囲気なんじゃないでしょうか。これは施設的には当たりホテルかも?

スリッパ

入り口を見てみると、スリッパが置いてあって、「ここで靴をお脱ぎください」と言わんばかりの床になっていますね。日本人なら脱ぐと思うんですけど、文化の違う国の人はこれで脱ごうって思うのかな?それが心配ですよね。

ベッド

ベッドはこんな感じです。そんなに大きくないベッドだけど、一人で宿泊するには全然問題ないですよね。ちゃんと寝間着もあるのは良いのではないでしょうか。海外の安ホテルだとまず寝間着なんてないですからね。

ハンガー

そして、私がこだわりたいハンガー。ここのホテルにはちゃんとした作りのハンガーがなんと4本もありました。シングルの部屋でこれなんだから、普通の人が泊まることの多いツインの部屋だったら、もっと本数が多いかもしれませんね。

アメニティ

次はユニットバスへ向かいます。アメニティはこんな感じでした。最低限ではありますけど、私は不便はしませんでした。

シャワー

シャワーです。古いホテルかな〜と思わせるような使い心地でしたけど、ダメというほどではなかったと思います。ただ、ちょっとユニットバス全体的にちょっと臭いがするのが気になったかな?まあ、こういうのは古いホテルだと良くある事ですし、たまたまなのかもしれませんけどね。で、このホテル楽天トラベルで見ると、最安値のシングルで3,980円〜で泊まれるようですね。個人的な意見としては、ある程度値段相当ではあるんですけど3,980円ならオススメ出来ると思います。

ただ、ひとつだけ困った事が。最近、そんなホテルに当たったことがないので完全に油断していたのですが、このホテル、なんと部屋でインターネットが使えないのでした。最近のビジネスホテルって、もう都市部は全部使えるものだと思ってたわ〜。仕事で毎日2時間くらいはパソコンをしないといけない私に取っては致命的なことでして、インターネットのつながる喫茶店を探すことになってしまったのでした・・・。

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ