JALの台北発券羽田経由沖縄行きのビジネスクラスを予約しました。また、高雄と台北で宿泊予定の2ホテルをご紹介します。 - とある台湾観光の旅行記録

JALの台北発券羽田経由沖縄行きのビジネスクラスを予約しました。また、高雄と台北で宿泊予定の2ホテルをご紹介します。

今回は、久しぶりに台湾発券の航空券の話になります。とある台湾観光の旅行記録では、日本発券の高い航空券を使うのを避けて、台湾発券でできるだけ安くビジネスクラスの旅行を楽しむことを主眼にしているのですが、現在保有しているチケットの残りは、6月に大阪から成田経由で高雄まで行くチケットです。

旅行記がなかなか追いつかないんですけど、現在は、2012年5月の台北→高雄旅行から帰ってきた所でして、最後に使ったチケットはこちらの記事で発券した高雄⇔大阪のJAL往復ビジネスクラスのチケットでした。

次の6月の旅行は、とりあえずこのチケットの残りを使って高雄まで行くとしてそこからどうするか非常に迷ったんですけど、最終的な旅行の案としては高雄で2泊してそのあと、最新の高速バスのサービスを堪能しながら台北に移動して2泊、そして東京経由沖縄で1泊して大阪に代える事にしました。分かりやすくまとめておきますと、

6月の高雄→台北旅行の予定表

行きの日程・こちらの記事で既にチケット購入済み

  • 大阪伊丹空港→成田空港:JAL3006便
  • 成田空港→高雄国際空港:JAL811便

帰りの日程・今回の記事で購入

  • 台北松山空港→羽田空港:JAL30便
  • 羽田空港→那覇空港:JAL919便
  • 那覇空港→神戸空港:ANAで安いチケットを別途購入

となります。今回のチケットは往復ビジネスクラスで、さらに発着地を那覇空港としたために前回のチケットよりは高くついてしまいましたけど、

6月の台湾旅行購入控え

総額では29,616台湾ドル(=81,000円くらい)となりました。まあ、往復沖縄のチケットだけでも関西発の定価だと34,200円×2もかかってしまいますので沖縄の往復がついて、ビジネスクラスでこの値段ならそんなに高い訳ではないのかな?と私は思います。ただ、台湾行きのビジネスクラスの機材自体はJALより断然ANAの方が格上、特に羽田ー台北松山線ですので、特にJALにこだわりのないという方ならANAのビジネスクラスに乗る事をオススメしたいと思います。

まあ、そんな中でJALの方が良い所を上げるとすれば・・

  • 海外の特典航空券がANAに比べてめちゃくちゃ取りやすい
  • 国内線のクラスJが+1,000円で乗れるのにはお得感がある
  • 伊丹・関空で便数が少なくなってしまったので、以前よりラウンジが空いている(特に関空)
  • 羽田空港国際線のラウンジのビュッフェが1日中やっている(ANAは夜の時間帯のみで他はおにぎりなどに限定)。

などがあるのではないでしょうか。まあ、特典航空券が取りやすいってのはマイラーに取っては超重要事項ですし、これだけでもANAではなく、JALを選ぶ理由になっても良いかもしれませんね。私も関西の路線網が破綻以前の状態で、さらに神戸空港から撤退していないのであれば今でもJALを使っていたことは間違いありません。まあ、人的サービス以外のサービスは全体的にANAの方が良いとは思うんですけどね。

6月の高雄→台北旅行が終わると、その後はちょっと実験的にANAの香港発券のチケットに挑戦してみたいと思っています。そのため、2ヶ月間くらい台湾旅行はお休み。その代わりに2ヶ月だけ香港旅行に行く予定です。記事にするのはまだかなり先の話になるとは思いますが、そちらも楽しみにしていてくださいね☆

今回宿泊するホテルのご紹介

高雄:陽光大飯店(ホテルサンシャイン)

5月に泊まった高雄アンバサダーホテル(記事はいずれ書きたいと思います)はホテルの質はめちゃくちゃ良かったのですが、愛河以外の施設が近くになく、さらにMRTの駅からも遠くはなれており、観光をするには苦戦しました。今回の陽光大飯店は、ホテルのランク自体は落ちますけど場所が高雄の繁華街と言えるMRT三多商圏駅から徒歩5分という好立地。今度はバッチリ街歩きも出来るかな?と期待しています。値段は1泊7,000円くらいで予約できました。

台北:パークタイペイホテル(台北美侖飯店)

いつもはエクスペディア先生で予約する事の多い私ですけど、台北のホテルは10倍ポイントキャンペーンの魅力に負け(騙され?)て楽天トラベルで予約してしまいました。このパークタイペイホテル(台北美侖飯店)は、MRTの文山線(松山空港を通るモノレールっぽい路線)の大安駅の改札から目と鼻の先にあるホテルで、宿泊するのは2回目になります。値段は約10,000円とちょっと高めですけど、施設もサービスも1級品で朝食も非常に美味しいホテルでした。私が常連のお客さんと似ていたのか、私を見る度に「○○さん、こんにちは」と言ってくる従業員の方がいらっしゃったのが印象的でした。今度も言われるのかしら!? いずれ記事にしたいと思いますので、レポートを楽しみにお待ちくださいね。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ