チャイナエアラインのエコノミーに、ツアーで乗ってもラウンジが利用できるクレジットカード。早速私も作ってみました☆ - とある台湾観光の旅行記録

チャイナエアラインのエコノミーに、ツアーで乗ってもラウンジが利用できるクレジットカード。早速私も作ってみました☆

今回は、ちょっと旅行から外れましてデルタ航空提携のアメックスのクレジットカードの話題をお届けしたいと思います。記事のタイトルには中華航空(チャイナエアライン)とあるけど、デルタ航空とチャイナエアラインって何の関係があるの?と思われる方がいらっしゃるかもしれません。ここで、航空会社のグループの話をしたいと思いますが、実は世界の航空グループは大きく3つに分かれており、それぞれのグループ内でマイルが共通で貯まったり、ラウンジが相互で使えたりという特典があったりするんです。その3つのグループとは・・・

  • スターアライアンス・・ANA、シンガポール航空、アシアナ航空、ルフトハンザ航空など
  • ワンワールド・・JAL、キャセイパシフィック航空、アメリカン航空など
  • スカイチーム・・チャイナエアライン、デルタ航空、大韓航空など

のようになっています。台湾に行く人には一番なじみの深いチャイナエアラインは、スカイチームというグループに所属しているので、ANAやJALのマイルを使うことは出来ないですし、ANAやJALのマイルを貯めることもできないんですよね・・・。まあ、それは仕方ないことなんですけど、それでも台湾に行く時も、台湾以外に旅行に行くときもチャイナエアラインは台湾好きに取っては非常に便利だと思うのです。

チャイナエアラインが便利だと思う3つのポイント

  • 1:台湾へ行く航空券も安いけど、実は東南アジアやヨーロッパに行く航空券も安い。
  • 2:ANAやJALと違って、地方の空港からでも台北行きの飛行機が飛んでいる
  • 3:台湾以遠に行くときでも、台北でストップオーバーができ、台北の旅行も一緒に楽しめる

とチャイナエアラインはこんなに便利なのです。でも、私はANAのプラチナ会員であり、JALのグローバルクラブ会員。この2グループだとエコノミークラスや格安ツアーであっても、ラウンジや優先搭乗、ビジネスクラスのカウンターや手荷物優先引き渡しが使えるので、こういったサービスを使い始めると結構便利でクセになっちゃうんですよね。そのため、私が旅行でチャイナエアラインを使うことは今までありませんでした。

そんな私についにチャイナエアラインを使う日がやってくる!?

そんな毎日を送っていた私なんですが、このブログに良く出る広告がありまして、それがこの

アメリカン・エキスプレス

デルタ・アメックスのクレジットカードなのです。気になったので、調べてみたんですけど、なんとこのデルタアメックスのゴールドカードを持っていると、それだけでゴールドメダリオンという通常ならば「毎年デルタ航空の飛行機に乗りまくらないと保有できない資格」が与えられるということなんです。

普通ならば、ふーんそうなのね。でスルーしちゃいそうなんですが、デルタ航空を滅多に使わない私でも、台湾に飛んでいるチャイナエアラインなら利用する可能性が高いです。そして、このゴールドメダリオンというのは、デルタ航空単体ではなく、提携会社のスカイチーム全てで利用できる資格。つまり、チャイナエアラインや大韓航空といった提携会社でもラウンジや優先搭乗など、全てのサービスが使い放題となる訳なんですよね。

でも、いくらチャイナエアラインも使えるって言っても、今までANAとJALをずっと使ってきた私が、さらにもう1枚クレジットカード作るほどかなぁ・・・と迷っていたんですが、説明ページを読むと

デルタアメックスマイル数

ご覧のように、このカードを作ると、入会マイルが8,000マイル、さらに1回目にビジネスクラスを利用すれば25,000マイルと、これだけで33,000マイルが貯まってしまいます。実は、昔グアムに総額2万円の激安ツアーで行った時にデルタ航空のマイレージカード自体は保有していまして、現在の保有マイルが約8,000マイル。

ハワイにエコノミーで行くのが40,000マイル〜ってことなので、今回のキャンペーンで41,000マイルになっちゃうじゃない!とか色々な事を考えていると・・・・

結局、デルタ航空・ゴールドメダリオン会員になっちゃいました。

はい、結局デルタアメックスのクレジットカード作ってしまいました。まあ、結構クレジットカード好きの私でもあるのでクレジットカードを持つ事自体にはあまり抵抗がないんですけれども、これでANAカード・JALカード・三井住友VISAについで4枚目のカードになっちゃいます。これ以上はもう止めておかないとね。

ゴールドメダリオンの案内

デルタ航空のゴールドメダリオンの案内はこのような金ピカの封筒でいただきました。まあ、ゴールドメダリオンっていうくらいなのだから、これくらい金ピカでも名前の通りなんですよね。まあ、個人的には金よりも銀やプラチナの方が落ち着いていて好きではあるんですけどね。

表紙

今までも、これからも、数多くのご利用に感謝をこめて・・・

とありますが、先にお詫びしておきます。「今までデルタ航空は2万円のツアーで1回乗っただけですし、これからもチャイナエアラインしか使わないと思います。」 まあ、グアムは好きな観光地なので、年に1回くらいグアムに行く時はデルタ航空を利用してもいいかな?と思っています。確か関空発だと昼間に出る良い便がデルタ航空くらいしかなかった気がしますからね。ハワイは、普通に航空チケットを買うと高いので、安いチャイナエアラインに乗って貯めたマイルを使ってデルタ航空で行くのが一番良いでしょうね☆

タグとストラップ

名前タグと荷物タグやストラップも合わせていただきました。タグには私の名前も書いてあったんですけど、私のキャリーバッグにこんな金色のカード、合わなさ過ぎて付けられないわ!まあ、男性の黒色のキャリーケースにだったら、金色のカードも合っているのかもしれませんけどね。

と、こんなデルタ航空のアメックスカードですが、デルタ航空のカードというより、このブログでは一番人気(?)とも思われるチャイナエアラインのツアーや格安航空券であってもラウンジや優先搭乗、手荷物優先引き渡しやビジネスクラスカウンターが使え、しかもデルタ航空のマイルもガンガン貯まり、そのマイルでハワイに行けるぜ☆ というのがポイントでした。

普段の旅行地が台湾と東南アジアばかり・・・という方だったら、このカードをきっかけに全てチャイナエアラインに乗り換え。で貯まったマイルを使って憧れのハワイへGO!ってのもいいかもしれませんね!?

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ