台湾で電車に乗るにはどうすればいいの? - とある台湾観光の旅行記録

台湾で電車に乗るにはどうすればいいの?

次に台湾に行くにはもうしばらくありますので、今日も英語の勉強も兼ねてイギリスの観光ガイド『The Rough Guide to Taiwan』を読みながら台湾の観光についてまとめて行きたいと思います☆

今日読む記事は『台湾で電車を使って旅行する』です。

台湾で電車を使って旅行する

台湾で主要都市を結ぶ電車といえば、昔からあるのがTRA(Taiwan Railway Administration)です。しかし2007年、台湾の電車に革命が起こります。それが台湾新幹線です。意外かもしれませんが、台湾新幹線は経営がTRAとは別となっています。つまり、この2社は台北⇔高雄という長い距離で競合しているわけですね。

日本でも米原⇔新大阪がJR西日本と東海道新幹線の競合路線となっていたり、小倉⇔博多がJR九州と山陽新幹線の競合となっています。前者はあまり競合というイメージはないんですが、後者はお互い割引切符をガンガン出したりして、ライバル意識が見えますよね。まあ、最近は新幹線の直通運転が始まったので、仲良いイメージなんですけど☆

閑話休題。元々台北⇔高雄はTRAを使っても5時間以上かかっていました。それが台湾新幹線の開通によって最短で90分と短縮された訳です。しかしながら、台湾新幹線は西海岸の主要都市をカバーするのみ。その一方で、TRAは西海岸だけではなく東海岸もすべてカバーする路線網を持っており、値段も台湾新幹線のおおよそ半分で乗ることが出来ます。

また、TRAには観光客に人気の高い支線があります。ここで紹介されているのは2路線。集集線平渓線です。特に後者は十ふんへ行くことができるため、最近日本発着のツアーでも目にすることが多いように思います。

電車のチケットを買う

台湾の大きい駅では、前売り用の券売窓口と当日用の券売窓口が分かれています。また、クレジットカードを使える窓口もあります。これらの案内は英語でもなされているので、ちゃんとチェックしましょう☆ また、自動券売機もあります。

また電車に乗る時に重要なこと。電車のチケットは電車を降りるまできちんと持っておきましょう。なぜなら、チケットを改札を出る時に返さないといけないからです。という説明が書いてるけど、海外の電車ってチケットを返さなくていいものもあるのかしら?地下鉄以外あまり乗ったことないけど、今までそんな電車に当たったことないような・・・・

台湾の電車の座席には5つのクラスがあります。このうち、早い方の3つの電車(復興号以上)は特に週末や祝日に旅行をするつもりなら、満席になることもあるので前もってチケットを買っておくのがいいですね。もし、満席になってしまったら立ち席券を売ってもらえます。立ち席はその席に座る人が現れるまでなら座っていてもいいそうなんですけど、これは日本ではあまり見かけない習慣ですよね。

【送料無料】The Rough Guide to Taiwan

【送料無料】The Rough Guide to Taiwan
価格:3,410円(税込、送料別)

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ