沖縄那覇空港 ANAラウンジ - 2月にリニューアルほやほやの新しさ。新しいコーヒーメーカーの値段を調べてさらに驚き。 - とある台湾観光の旅行記録

沖縄那覇空港 ANAラウンジ - 2月にリニューアルほやほやの新しさ。新しいコーヒーメーカーの値段を調べてさらに驚き。

とある台湾観光の旅行記録というブログのタイトルに反して、最近台湾の記事が少なめでしたが、今日から久しぶりに台湾の旅行になります。今回は、沖縄那覇空港のANAラウンジを利用した感想を書いていきたいと思います。そもそも、今那覇にいるのに台北に行くのはわざわざ羽田を経由してるのがANAマイラーらしい所なんですが、チャイナエアラインよりもANAを使いたくなるのがANA好きの心情なのです。

最近のANAラウンジは、海外にも負けない洗練されたデザインです。

早朝のゆいレール

さて、今回台湾に行くために、ゆいレールの始発に乗る事になりました。それも、今回乗る予定のANA120便が朝8時発だからなんですよね。まあ、その時間なら必ずしも始発に乗る必要はないんですけど、座席を当日アップグレードでどうしてもプレミアムクラスに変更したいため、出来るだけ早く行けるゆいレールに乗る事になりました。

那覇空港国際線カウンター

こちらは、早朝の那覇空港国際線カウンターです。JALのカウンターは朝6:30からなのに、ANAはそれより前でも開いているのはさすがですが、実はこの後ろ、外国の方が7〜8人は並んでいるのにカウンターはほとんどクローズ状態で係の人も1人しかいないのです。毎回こんな感じの気がするんだけど、早朝時間帯は仕方ないんですかね!?

沖縄らしい花

手続きにはやや時間がかかってしまいましたけど、ようやく手続りも終わり、ANAラウンジへ向かって行きたいと思います。手荷物検査を終えた後のエリアには、このように沖縄らしい花がところどころに飾ってあるのが特徴ですよね。大阪から那覇に着いて、この花を見るとあ〜沖縄に来たな〜と思うのです。

ANALOUNGE入り口

そして、こちらが2月にリニューアルを完了したANAラウンジの入り口になります。昔は狭過ぎて困ったラウンジだったんですが、今回リニューアルしてやや広くなりました。元々は64席だった座席も85席まで増えているそうです。それでも、東京行きの出る前の時間になるとかなり混雑することには変わりないんですけどね。

コーヒーメーカー

最近リニューアルしたラウンジだからか、ラウンジでいただくお決まりのコーヒーメーカーも他のラウンジより最新のものを使っているような気がします。液晶の表示部分なんかが最新って感じがしますよね。

野菜ジュースとコーヒー

さて、今回はそのコーヒーに加え、さらに野菜ジュースをいただく事にしました。

外の風景

ラウンジからは外を見ることができるのですが、残念ながらこのように良い風景と言った感じではありません。

椅子の感じ

この後混雑していくラウンジではありますが、まだ人が少なめだったので、このような写真を撮る事ができました。パソコン用の椅子とテーブルはさすがに羽田空港や伊丹空港と比べると、スペースの制約があるため小さいものとなっていますが、座り心地は良好ですし、私個人としては満足です。後はスペースを広くしてくれると言う事なしですけど、これは今後のターミナル増床を待つしかないのかもしれませんね。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ