ANA120便 那覇空港→羽田空港(プレミアムクラス)と羽田空港国内線2タミ⇔国際線の無料連絡バス - とある台湾観光の旅行記録

ANA120便 那覇空港→羽田空港(プレミアムクラス)と羽田空港国内線2タミ⇔国際線の無料連絡バス

今日は、ANA120便のプレミアムクラスに乗って、那覇空港から羽田空港まで移動します。前回は、2月にリニューアルオープンしたばかりの那覇空港ANAラウンジでゆっくりしました。まさか、那覇空港ANAラウンジのコーヒーメーカーが200万円以上もするとは思いませんでしたよね。私の車が100万円ちょっとだったので、それより2倍もするコーヒーメーカーを使っているとは、さすがANAと思ったのでありました。

いつも混雑ANA120便。意外に沖縄→東京に朝行く人は多いのね。

ANA120便

今日那覇空港から乗る便はANA120便の羽田空港行きです。出発時刻は朝8時とかなり早いとは思うのですが、今日も修学旅行客などがいるようで、かなりの混雑でした。まあ、東京発は朝が多く、沖縄発は夜が多いという時刻設定の都合上、この便が混むのは仕方ないのかもしれませんけどね。

ちなみにこの写真を見ると、私が搭乗しているのは7時48分のようです。いつもの事とはいえ、ギリギリ搭乗になってしまう本当に申し訳ないです。

ボーイング777

そんな混雑する便だからか、元々羽田ー那覇の流動は多いからかこの便も定番のボーイング777が当てられています。多くの人が運べるのは良いと思いますけど、個人的にはボーイング767とボーイング737の方がプレミアムクラスはこじんまりとしていて好みなんですけどね。

ANA120便 那覇空港→羽田空港 プレミアムクラス朝食

  • サンドイッチ
  • キノコとホタテの塩タレ焼き
  • ミミガーサラダ
  • フルーツ
  • ケーキ

今日のお弁当

那覇空港発のプレミアムクラスの朝食はいつもあっさり目のような気がします。今回も肉や魚はほとんどなしでサラダ中心の構成。プレミアムクラス名物の地元の食材は、今回はミミガーサラダのようですね。どうしても、匠味と比べると見劣りはしてしまうんですけど、まあ朝食なのでこんなものかなと思います。

ブドウジュース

パン食の朝食なので、食事のお供にはブドウジュースをいただきました。6月1日からプレミアムクラスリニューアルのリリースが既にANAのホームページで紹介されていますけど、新しい飲み物の欄を見ると、このぶどうジュースは消えてしまっているんですよね・・・。サンドイッチにはバッチリ合うこのブドウジュースだっただけに、個人的には残念であります。代わりに入るのはマンゴージュースのようですので、こっちに期待かな!?

個人的にびっくりしたのが、プレミアムクラスの新しいドリンクで、フランスで人気のオレンジ炭酸ジュースの「オランジーナ」が入っていることです。私はパリに旅行に行った時は飲むようにしていたんですけど、2012年3月のパリ旅行の直後に日本発売となったオランジーナ。ユーロ安の影響からか、なんとパリより日本の方が安いびっくり価格なんですけど、意外に美味しいんですよね。

コーヒーとクッキー

さて、食後にはお決まりのコーヒーとクッキーをいただく事にします。今日のCAさんは次々とクッキーを持ってきてくれる人じゃなかったようです。まあ、那覇ー羽田はプレミアムクラスが21席もありますし、そんなに手厚いサービスにはならないですよね。

無料ターミナル間連絡バス

さて、羽田空港に着いたので、国際線乗り継ぎのためにターミナル間無料連絡バスに乗る事にしたいと思います。出発口はこの9番乗り場。ターミナルの真ん中にあって、どこからでも一番行きやすい所ですよね。

所要時間

ちなみに所要時間はこのような感じです。第2ターミナル→第1ターミナル→国際線と回るため、時間は意外にかかってしまうこのバス。この図を見ると8分でいけそうですけど、実際は第1ターミナルでの停車時間もありますので、10分ちょっとの所要時間は見ておきたいですね。

ANA120便 那覇空港→羽田空港(プレミアムクラス)

  • 今回の搭乗マイル(ボーナス込み)→ 2,460マイル
  • 今回のプレミアムポイント→ 2,952ポイント

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ