ホテル ザ リッチフォレスト 台北(松山地区)は「リッチ」っていうけど、立地が悪いわね。 - とある台湾観光の旅行記録

ホテル ザ リッチフォレスト 台北(松山地区)は「リッチ」っていうけど、立地が悪いわね。

2012年4月の台北旅行の滞在ホテルは、ザリッチフォレスト台北になります。グーグルで検索してもそれほど検索にひっかかる訳ではないので、そんなに知名度の高いホテルではないのかな〜と思っていたんですけど、なんとタクシーの運転手さんも知りませんでした!タクシーの運転手さんなら知ってるかと思って地図を印刷してなくて困ったな〜と思っていたんですけど、今回も無線LANのMifiを借りていたので助かりました。その場で検索して、何とか地図を見せる事が出来たのです。

Expedia Japan【旅行予約のエクスペディア】プロモーション

リッチフォレストホテルだけど、立地が悪いのが難ね。

今回宿泊した、リッチフォレスト台北は1泊当たり6,195円と結構な安値で泊まる事が出来ました。でも、このホテル、どこの駅からもちょっと遠いのが難なんですよね。今建設中のMRT松山線が開通すれば、駅から徒歩数分の立地になる予定なんですけど、それまではどこのMRTの駅も中途半端な遠さで、国父記念館駅か市政府駅から大体15分くらい歩く必要があります。

まあ、それがネックとなって、部屋の設備の割には値段が安いのかな?と思うのです。設備自体は非常に良いホテルだと思いますので、行動はタクシーが中心という方であれば、結構お買い得なホテルだと思いますよ。

部屋の雰囲気

さて、タクシーの運ちゃん(運将)も知らなかったリッチフォレストについて、早速チェックインを終えました。こちらがホテルの雰囲気。本来は2人泊まることのできる部屋ですし、ベッドはかなりの大きさですよね。私1人にはもったいないほどのベッドだったと思います。奥の机は、それほど大きくはないですが、残務処理を行うには役に立ったかな?

シャワー

続いてシャワールームを見に行きましょう。こちらはバスタブとシャワーが別々になっている形のお部屋。シャワーはハンドシャワーと上から落ちてくるシャワーの2つのシャワーがついています。

アメニティー

アメニティーはこのように2人分フルコースをいただけます。高級ホテルのようにブランドのアメニティーって訳ではないですけど、私はあまりブランドにこだわりがないので、これで十分かな!?

セーフティーボックスとスリッパ

セーフティーボックスとスリッパです。このスリッパが意外に高級ホテルでもなかったりすることがあるんですけど、ここは簡易的なものながらちゃんとスリッパも備え付けられていましたね。

ハンガー

ハンガーはこのようにしっかりした木製のものが4本。一人旅なら十分な量ではないでしょうか。

テレビとフルーツ

テレビも十分なサイズの液晶テレビに、さらにウェルカムフルーツもいただきました。このウェルカムフルーツはさすがに一度食べると二度と補充されることはありませんでしたね。チップをはずむと補充されることもあるんでしょうかね!?

椅子

ちょっとボケてしまいましたけど、椅子になります。有名なアーロンチェアではないけど、良くあるアーロンチェアっぽい椅子でしたね。毎回毎回台湾に来ても仕事をちょっと残している私なので、夜に仕事をするときは大活躍したのでした☆

と、部屋はこんな感じで1泊6,000円ちょっと朝食付きの割には大満足なのでありました。まあ、後は立地だけですけど、目の前にバス停はあるし、タクシーも台北はそんなに高くないので、タクシーとバスをうまく使いこなせば観光にもそんなに不便ではないのかなと思います。MRT駅に遠いだけで、立地自体は街中・松山地区な訳ですからね。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ