一駅なのに車内に気合い十分☆ 台北捷運(たいぺいしょううん)新北投支線 - とある台湾観光の旅行記録

一駅なのに車内に気合い十分☆ 台北捷運(たいぺいしょううん)新北投支線

今回の台北旅行は日程の都合で4日間しか取れず、しかも初日が夜着・最終日は朝発という非常に厳しい日程でした。そして、冬の台北にはありがちなことなんですが、滞在する4日間がぜ〜んぶ雨!まあ、珍しいことではないので諦めることにして、雨でも楽しめそうな新北投温泉に向かうことにしました。

新北投温泉は台北市の北投区にある温泉街で、天然のラジウム泉として知られています☆ 今回宿泊している台北捷運の台北駅から淡水線に乗って、途中駅の北投駅までいき、そこから一駅だけ新北投支線に乗り換えることで行くことができます。

台北駅から電車に乗ること20分強。北投駅に到着し、新北投駅行きのホームに行くと、観光ムードに満ちあふれた謎の人形達が出迎えてくれました☆ 台北はこういった、可愛いような可愛くないようなよくわからない人形をよく見かける気がします。

新北投支線の電車は10分に1本です。ここの路線は他のMRTの路線と違い、時刻表がありました。他の路線よりも本数が少なめなので、時刻表を作っているのかな?まあ、淡水線の北投から北も昼間8分に1本のようなので、あんまり変わらない気がするんですけど・・・・・。と思いながら待っていると新北投支線の電車がやってきました☆

奥の方にちょうど停車している普通のMRTに比べると、新北投支線の電車はカラーリングに気合いが入っています。このアングルからだとちょっと分かりにくかったかな!?

乗車区間が1駅で乗ってる時間も短いからか、車内は椅子が少ない代わりに何かと凝った仕掛けになっていました☆ 下のタルのようなものは実はテレビになっていて、新北投温泉の案内をみることができます。うーん、すごくハイテクだ。

こっちは一見絵に見えますが、実は画像が動きます。といってもアニメのように全体的に動くという訳ではなく、人物の所だけが動いているという感じ。絵とアニメの中間といえるかもしれませんね。

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ