ANA 香港発券で 7月の香港→関空→稚内→関空→香港 のチケットを予約しました。夏休みなのに、香港発券で超安く行っちゃいますよ☆ - とある台湾観光の旅行記録

ANA 香港発券で 7月の香港→関空→稚内→関空→香港 のチケットを予約しました。夏休みなのに、香港発券で超安く行っちゃいますよ☆

今回はANAの香港発券の話をお送りしたいと思います。さて、とある台湾観光の旅行記録で一番使っている航空券はANAかJALの台湾発券のチケットになります。過去の台湾発券の記事をご覧いただいても分かる通り、台湾で日系の航空会社の日本行きの航空券を買うと日本で買うよりもかなり安く済ます事が出来ます。

まあ、一番安いチケットは期間が1ヶ月なので毎月台湾に行かないとダメというのがデメリットですけど、台湾に毎月行くほど好きという方に参考にしていただいているという話を聞きまして、台湾推しの私としても嬉しい限りです。

と、2012年に入ってここまで一貫して毎月台湾に行ってきた私ですが、7月〜9月限定で新しい事に挑戦してみたいと思っています。それが、最初に書いたANAの香港発券です。ANAは、台湾発券も香港発券も日本行きのチケットを買ったときに国内線の区間を2つまで+5,000円くらい/区間で付けられるというのは共通しているのですが、台湾ー日本については、台湾ー大阪のANAの便がないため、旅行を大阪で一旦区切ることができずちょっと関西人に取っては使い勝手が悪いものなのです。

一方、香港についてはANAも大阪行きを就航しているため、以下のような日程を組む事が可能なのです。

  • 香港→関西国際空港
  • 後日に関西国際空港→稚内
  • 稚内→関西国際空港
  • さらに後日に関西国際空港→香港

とちょっとわかりにくいかもしれませんが、1枚のチケットで香港⇔関西国際空港の旅行と、関西国際空港⇔稚内の旅行が楽しめてお得なチケットの出来上がり(ただし出発地は香港)となる訳です。国内線は直行であればどこまで行っても値段が同じなので、稚内・女満別・釧路・旭川・石垣と行った関空や伊丹から季節便しか出ず、普通にチケットを買うと高くなってしまう区間がオススメでしょう。

ということで、実際に予約をしてみました。

予約自体は非常に簡単に行う事が出来ます。ANAのウェブサイトの右上に国を選ぶ所がありますので、そこから香港を選択。後は、日程を決めて実際にチケットを予約してみるのみです。と、今回はエコノミークラスでチケットを取ってみる事にしましたが、

ANA香港発券

チケットの総額は以上のようになりました。この記事を書いている段階で1香港ドルが10.24円なので、円換算で計算してみると、運賃が約7万円、総額で約8万4千円となります。あれ?普段同じくらいの値段で台湾⇔日本をビジネスクラス乗ってるやんとツッコミを受けてしまいそうですが、確かにその通りで、残念ながら台湾発券よりも香港発券の方が値段が高いというのが現実なのです。

ただ、こちらのエコノミークラスのチケットはANAのアップグレードポイントを4ポイント使ってビジネスクラスにアップグレードする事が可能です。私は現在ANAのプラチナ会員なのでこのポイントを24ポイント持っており、アジア近距離なら6回ビジネスクラスにアップグレードする事が可能なのです。この7万円の運賃、ちょっと高い?と思われた方がいらっしゃれば、それはこの運賃がアップグレード可能な運賃だからという事なのです。アップグレード不可なら、もうちょっと安くなりますよ。

ちなみに、欧米などの人気路線でなかなかアップグレードが取れないのはANAの特典航空券が取りにくいのと似ていますが、アップグレードはどうも特典航空券よりは取りやすいようでして、どの日を選んでも関空ー香港便については、ほとんどアップグレード可能となっていました。もしかすると、アップグレードポイントを使うには、関空ー香港は狙い目なのかもしれませんね。

以上のような事を踏まえて、7月〜9月の3ヶ月間香港ー関空のチケットをベースに国内の旅行を1回ずつ組み合わせるという形でANAのアップグレードポイントを全部使い切る事にしました。今の所、以下の旅行を予定していますが、今後の気分次第で変更になる可能性があります。

  • 7月:香港⇔関空と関空⇔稚内(予約済み)
  • 8月:香港⇔関空と伊丹⇔釧路
  • 9月:香港⇔関空と関空⇔石垣

本当は9月を女満別にしようかと思ったんですけど、気温を調べてみると、9月の女満別ってもう寒いんですよね。台湾好きの南国女子の私は、寒いのは超苦手なので、9月の女満別は諦めて石垣にすることにしようと思っています。それにしても、8月だけ伊丹空港⇔釧路空港があるなんて、私もすっかり忘れてました。めちゃくちゃ短い期間運行便なんですよね・・・。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ