猫空ロープウエー(台北)動物園駅〜動物園内駅〜指南宮駅〜猫空駅 全長4キロの風景をお届けします。 - とある台湾観光の旅行記録

猫空ロープウエー(台北)動物園駅〜動物園内駅〜指南宮駅〜猫空駅 全長4キロの風景をお届けします。

今回は、猫空ロープウェイに乗って、動物園駅から山頂の猫空駅までの風景をお送りしたいと思います。チケットの買い方などが気になる方は、こちらの記事を参照いただければ幸いです。

さて、そんな猫空ロープウェイの路線図は上の通り。ロープウェイってまっすぐ登って行くのかと思いきや、意外に途中で大きなカーブがあるものなんですね。ちなみに、このロープウェイは動物園駅から猫空駅まで合計4.03キロメートルもあるのです。全行程の所要時間はおおよそ17分なんですって。では、17分の空の旅に出るとしましょうか☆

第1区間:動物園駅→動物園内駅(1.33キロ)

出発

さて、動物園駅を出発し、動物園内駅まで上がって行きます。この動物園は、台北の中ではかなり郊外な方だと思うんですが、それでも都心まで20分くらいということもあり、多くの高層マンションが建っているんですね。私は街中よりはこういった郊外に住んで、都心に通う方がいいかな〜と思うのです。

山の中の高層マンション

台北はちょっと郊外に行ってもドーンと高層マンションがあるのが特徴(香港ほどではないですけど・・)ですが、ロープウェイから見える所にもドーンと高層マンションが建っていました。

動物園内駅

さて、しばらくすると動物園内駅に到着です。ここまででもかなり上がってきた気がするんですけど、そう思うと台北市立動物園ってかなり高低差のある施設なんですね。ちなみに、ここからも乗車する事が出来、私のキャビンには乗ってきませんでしたが、ここから上に上がっているお客さんがいました。

第2区間:動物園内駅→指南宮駅(1.63キロ)

方向転換

さて、動物園内駅から指南宮駅に行く間には、途中方向転換のための駅のような所があるのですが、途中驚くほど軽装備のゴンドラに出会いました。しかも、人が乗ってますね。まあ、どう見ても工事用のゴンドラだとは思うのですが、強風が来ると落ちてしまいそうなほど軽装備のゴンドラですよね。

台北101

途中、台北101の方を眺めてみたのですが、とお〜くに台北101を見る事が出来ました。509メートルもあるビルとはいえ、こんなに遠くからでもちゃんと見えるのはさすが台北のランドマークタワーですよね。

指南宮駅

さて、そうこうしているうちに指南宮駅に到着しました。この指南宮は、地元の方には人気のあるお寺のようで、この駅で降りて行く人は意外に多かったように思います。実際、この駅から猫空までは歩いてもめちゃくちゃ遠い訳ではないので、ここで降りて指南宮を参拝し、猫空まで歩いて行く地元の人は結構多いのではないかな?と思います。

第3区間:指南宮駅→猫空駅(1.10キロ)

指南宮

さて、指南宮駅を過ぎると指南宮が見えてくるので写真に撮ってみました。規模も大きいとは思うんですけど、山の斜面にこのようにドーンをそびえ立っているのが驚きですよね。そう思うと、ここの駅で降りて行く人が多かったのにも納得なのです。私はスルーしちゃいましたけど、ここで降りて参拝に行けばよかったかな!?と今更ながらに思ってしまうのでありました。

茶畑

木柵鉄観音茶の栽培で有名な猫空地区。降りてからでもいくらでも茶畑を見る機会はあるんですけど、ロープウェイの中からでも早くも茶畑を見る事が出来まして、猫空に来たな〜という気分にさせられます。

猫空駅

と、茶畑を眺めているうちに、終点の猫空駅に到着しまして17分の短い空の旅は終了となりました。前々関係ないけど、香港のゴンドラ昂坪360(ゴンピン360)って何キロあるのかな〜と思って調べてみるとなんと5.7キロもあるそうです。そっか〜あっちの方が長いんだね。どちらも良いロープウェイだと思いますので、訪れた事がないって方は是非とも一度乗ってみてくださいね。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ