台北に来たら行いたい12のこと(前半)- 新年の祭り・士林夜市・台北101など・・(台北探索館/市政府) - とある台湾観光の旅行記録

台北に来たら行いたい12のこと(前半)- 新年の祭り・士林夜市・台北101など・・(台北探索館/市政府)

今日は台北市政府の中にある施設、台北探索館の4階に展示されている展示「台北で行いたい12のこと」の前半6個を見て行きたいと思います。台北市政府の中にある展示なので、台北市側が観光する人にやってほしいこと・・・ということになりますよね。皆さんが台北に行ったらやってみたいこととギャップはありますでしょうか? では、今回の6つを見て行きたいと思います。なお、紹介順に順位などは関係ありません。

新年の花火を見たり、芸術祭などに参加する

新年の花火

毎年開かれる市役所前のシビックプラザで開かれる新年の花火には多くの人が訪れています。この花火は、台湾内だけではなく海外のメディアからも注目を集めるイベントです。新年を迎える瞬間、全ての参加者の心が一つになり、よりよい未来を作っていこうと誓うのです。一緒にこの新年を祝うイベントに参加すると、私たち台湾の人の気持ちが分かるかもしれませんね。

士林夜市で人にもまれ、美味しいものを食べる

夜市に行く

士林夜市は台北市で最も大きい夜市です。この夜市は2つのエリアに分かれていまして、元々の士林夜市のエリアであった陽明劇場の近くのエリアと、もう一つが剣潭駅の近くにあるフードコートのエリアになります。多様な美味しい食べ物や、色々なものを売っているお店が観光客を引きつけています。台北の夜市文化は台北の夜の街には欠かせないものであり、台北を訪れる世界中の観光客が見なければならないものの一つと言えるでしょう。

※ この説明文はちょっと内容が古く、士林夜市は昨年の末に新しい場所に移転しています。

世界一のビル、台北101からの風景を楽しむ。

台北101は伝統的な様式の装飾と、中国の風水の要素が重なったものです。それを表す端的な言葉が「Ruyi」と言う言葉で、これは文字通り「おきに召すまま」という意味ですが、これがビルの吉兆のシンボルとなっているのです。建物に見られるコインの形は富を象徴しており、台北101が富を惹き付け、富を生み出すことを願ったものなのです。台北101のエレベーターは世界で最も早いもので、580メートルまで37秒で到達します。89階の展望台からは台北の360度の壮大な景色を見ることが出来るでしょう☆

ちなみに、天気が悪いと台北101の夜景はこうなっちゃいますけどね・・・。

信義地区のデパートをつなぐスカイブリッジを渡る

信義地区のデパート

信義地区にはお客さんで最も賑わうショッピングモールやデパートがあることから、台北で最も重要なエリアの一つとなっています。近代的な建物・広い道・明るいペデストリアンデッキは非常に近代的に見えることでしょう。映画館・本屋・レストラン・デパート・展示場などをつなぐ回廊のおかげでこの地域は活性化しており、世界級の商業地区としてのシンボルとなっているのです。

ミラマーショッピングセンターの観覧車で風を感じる。

ミラマーショッピングセンターの観覧車

ミラマーショッピングセンターは、ビルの屋上についているものとしては台湾最大級である100メートルの観覧車が自慢です。この観覧車はまるで映画に出てくるかのようなものであり、デートには最適であると言えるでしょう。夜になるとこの光の輪が台北の街を彩ります。観覧車に乗って夜の風を感じながら、時折流れてくる音楽や光のディスプレイを鑑賞することもできます。また、観覧車の中から見る街の光や、流れて行く車のライトも格別のものでしょう。

超有名店で牛肉麺を食べる

超有名店で牛肉麺

牛肉麺は台湾を代表する料理の一つです。日本のラーメンに似ていますが、台北の牛肉麺は国際的な名声を得ており、世界中からの旅行客を楽しませています。台北は台湾の中で牛肉麺のお店の密度が最も高い都市です。台北市はこの牛肉麺に着目し、2005年から牛肉麺フェスティバルを開催しています。今、牛肉麺は台北のソウルフードから世界のソウルフードへと飛躍しようとしているのです!

台北探索館の場所と概要

  • 住所:台北市市府路一號(市政府ビル西区 1F-4F)
  • 開館時間:9:00~17:00
  • お休み:月曜日と祝祭日
  • 入場料金:無料
  • 行き方:台北MRT「市政府駅」から歩いて10分くらいです。詳細は上のリンクから地図をご覧ください。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ