台北に来たら行いたい12のこと(後半)- 西門町、龍山寺、陽明山など・・(台北探索館/市政府) - とある台湾観光の旅行記録

台北に来たら行いたい12のこと(後半)- 西門町、龍山寺、陽明山など・・(台北探索館/市政府)

今回の記事は、市政府内にある施設台北探索館の中で紹介されている台北に来たら行いたい12のことをご紹介したいと思います。今回は後半の記事なので、7個目から12個目になります。前半の記事については、台北に来たら行いたい12のこと(前半)をご覧ください。ちなみに文章は直訳だとかなり堅くなってしまうため、意図的にいい加減に訳してあります。予めご了承ください。

西門町で若者のエネルギッシュさに触れる

西門町

西門町は、元々は劇場のある街だったんですが、今ではエンターテイメントビジネスやデパートで有名な街になっています。MRT開通したことと、台北市の努力の甲斐あって、西門町は台北に置ける歩行者天国のパイオニアとなりました。休日の混雑と、トレンディな商品がこの西門町のシンボルです。西門町はストリートパフォーマーから若者のサブカルチャーまで何でもござれ。いわゆる「アメリカン通り」もオススメの場所ですよ。

オシャレタウンの西門町。確かにオシャレなものも多いけど、アニメ好きの私としては台湾のアニメショップが意外にお気に入りだったりするのです。あと、有名店の阿宗麺線は激混みですけど、外せない名所ですよね。

龍山寺と大稲埕地区の歴史に触れる

龍山寺

龍山寺は台湾の第2級歴史建造物です。この建物の作りは中国の伝統的な四合院作りと王宮の作り方が組合わさったもので、前・中央・後ろに3つのメインホールがあり、その両サイドに守護龍が鎮座しています。さらに、この龍山寺の注目は屋根の意匠です。龍・鳳凰・麒麟などが鎮座しており、台湾国内で最も素晴らしい彫刻の一つとして挙げられます。龍山寺を訪れたあとは、北へ向かって大稲埕地区を散歩してみましょう。伝統的な建物と西洋風の建物のどちらも見る事が出来ます。特に注目すべきなのが、お茶・布などのマーケットとして有名な迪化街(てきかがい)です。

この文章一つだけでどれだけ回らないと行けないんだよ!と言いたくなりますけど、龍山寺迪化街(てきかがい)というのは場所を考えると良い回り方なのかもしれませんね。電車では行きにくいですが、歩けない範囲ではありませんし、おそらくはバスも出ているものと思います。

陽明山竹子湖で花と野菜を買う

陽明山

陽明山は年1回行われるフラワーフェスティバルで有名です。春になると青々しい森や静かに流れる川を楽しむ事が出来ます。陽明山の春といえば、花見がオススメです。そして、竹子湖もユリで有名なスポットの一つ。3月や4月になるとユリで覆われ、まるで妖精の国のような風景を楽しめます。

実は陽明山はこれだけ台北に行っていてまだ行った事のない所の一つです。台北の桜といえば、沖縄で見られる桜と似ているんだと思います。今年は、沖縄の本部八重岳さくらまつりに行きましたけど、台湾もこんな感じなんですかね!?

ブルーハイウェイ(河)から街を眺める

船から街を眺める

昔から淡水河と基隆河はブルーハイウェイと呼ばれてきました。この河を通じて、人や物が輸送されてきたからです。今となってはそういった役目は終えてしまいましたが、代わりにツアー客が美しい風景を楽しんでいます。クルーズ船は淡水と大稲埕地区を結んでいます。

猫空でお茶文化を体験する

猫空でお茶を飲む

猫空のアトラクションと言えばお茶館でのティータイムです。通常、お茶と料理が振る舞われます。この猫空はお茶館と素晴らしい眺めで有名です。その眺めは特に夜がオススメなのです。

この2012年4月の台北旅行のテーマの一つは猫空だったので、私にとってタイムリーな内容となっています。今回の猫空での一番の思い出と言えば、山中茶のティータイムでしょうか。料理はイマイチでしたけど、総合的にはオススメなお店です。

ハイキングで台北盆地の自然を楽しむ

台北盆地のハイキング

北・東・南を山に囲まれている台北は植物にも動物にも恵まれている土地です。台北を囲む5つの山脈には、豊富な種類の植物や動物が生息しており、多様な動植物を楽しむことが出来る街として知られています。この美しい自然をハイキングするのは非常に簡単。ハイキング道に示されている標識に従って歩くだけです。台北の山をハイキングしていると植物からのマイナスイオンを体中に浴びることができ、日々の生活の悩みも忘れ、さらに山のみならず海の美しい眺めを見ることもできますよ。

台北探索館の場所と概要

  • 住所:台北市市府路一號(市政府ビル西区 1F-4F)
  • 開館時間:9:00~17:00
  • お休み:月曜日と祝祭日
  • 入場料金:無料
  • 行き方:台北MRT「市政府駅」から歩いて10分くらいです。詳細は上のリンクから地図をご覧ください。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ