台北はエコロジー都市&文芸の首都という展示。体を動かすアトラクションも!?(台北探索館/市政府) - とある台湾観光の旅行記録

台北はエコロジー都市&文芸の首都という展示。体を動かすアトラクションも!?(台北探索館/市政府)

台北市政府の中にある施設「台北探索館」の3階、台北都市探索ホールの見学が続きます。今日まとめる展示のテーマは2つありまして、それは「生態都市」と「文芸の首都」。まあ、文芸の首都はそのままなんだろうと思いますが、生態都市は日本語だとエコロジー都市と訳した方がいいかなと思いました。つまり、台北は環境に優しい都市を目指しているということを言いたいんだそうです。では、具体的にその内容を見て行きたいと思います。

この展示を見ると、ゴミを減らさなきゃ・・って思いますよ

生態都市

生態都市の展示が始まりました。ここの展示は実際に捨てられているゴミなども例示されていて、ゴミを減らさなきゃって気持ちにさせられるんですが、ゴミの写真をブログに載せるのは食事中の方がいらっしゃったら・・と思いましたので、その写真は没とする事にしました。

さて、台北市では以前から環境に力を入れた市政を行っています。それは、ゴミ袋の有料化・汚水処理などで、さらに生態環境を保護するために、川岸に自転車道を作っています。自転車で走る事によって、環境にやさしくできるだけではなく、市民の皆さんが水に親しめるという訳です。

藍色公路

その市政の甲斐もあってか、現在多くの観光客で賑わうようになったのが淡水河のいくつかの地点を結ぶ船、藍色公路です。市政府がオススメする台北に来たら行いたい12のことにも選ばれたこの藍色公路。クルーズは150元くらいから体験できるようですので、近いうちに実際に乗ってきてみたいと思います。そのレポートを楽しみにお待ちください。

8つの路線

この地図を見ると、藍色公路には8つの路線があるようです。ただ、団体以外のお客さんが乗れるのは大稲埕地区と淡水を結ぶコースのようです。この説明文によると、

このリバークルーズに参加すると美しい景色を眺めることができます。また、河の流れに身を任せていると私たちの先祖が、この海運を使って街を発達させるために体験した苦難を思い起こすことができるのではないでしょうか?

とあります。元々はこの淡水河はまさに外国へ向けてのゲートウェイなのでした。今はそういった役割は他の港や空港に向けられていますが、台北がここまで発展した初期の原動力はこの淡水河にこそあったのです。このクルーズでその一片を感じ取ってみたいものですよね。

時間がない方むけ?

ちなみに、こういった展示もありました。上で台北の河には自転車道があり市民が水に親しめるという説明を書きましたけど、これはその自転車道でどんな風景が見られるかということを示している展示です。右下の方に自転車のペダルのような物がありますけど、それをなぜか手で回すことにより、映る景色が変わって行くという仕掛け。自転車なのにペダルをなぜ手で回すかが謎ですけどね。

後半は文芸都市台北について見ていきます。

さて、後半は文芸の首都台北という展示について見て行きたいと思います。この展示では、台北の本・映画・パフォーマンス・音楽などの分野でち1960年代以降流行ったものが色々展示されています。私は台湾の芸能については良くわからないので、さ〜っと流してしまったんですけど、台湾の芸能に昔から興味があるという方だと、私以上に楽しめるのではないでしょうか?

本のDNA

このエリアで一際目を引く展示がこの本の階段のようなものです。これは何をイメージしているのだろう?と思っていたのですが、なんと本のDNAをイメージしているのだそうです。芸術ということなんでしょうけど、解説を読まないとDNAだとは思わないですよね〜。

ルームランナー

そして、なぜかこのエリアにあったルームランナー。目の前のモニターのような部分には、台北で行われる行事が映っていまして、ルームランナーで走ることによりその映像がグルグル回って次の映像に変わるという仕掛けです。なんて原始的!と思ったんですけど、お子様には人気だったようで、多くのお子様がルームランナーに挑戦していました。

スケボー

そして、お子様にさらに人気があったのがこのスケボーです。こちらはスケボーに乗ってスケボーを動かすことによって、前の映像が動き実際に台北の特色ある商店街を走っているかのような気分になれるというもの。任天堂Wiiで遊べそうなゲームですけど、最近のゲームだともっとリアリティがあるんでしょうかね!?

台北探索館の場所と概要

  • 住所:台北市市府路一號(市政府ビル西区 1F-4F)
  • 開館時間:9:00~17:00
  • お休み:月曜日と祝祭日
  • 入場料金:無料
  • 行き方:台北MRT「市政府駅」から歩いて10分くらいです。詳細は上のリンクから地図をご覧ください。

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ