台北探索館2階にある特別展示ホール(オチ付き)と、MRT国父記念館駅〜京華城のシャトルバス(生活巴士) - とある台湾観光の旅行記録

台北探索館2階にある特別展示ホール(オチ付き)と、MRT国父記念館駅〜京華城のシャトルバス(生活巴士)

このブログで長く見てきた台北市政府内にある無料の展示施設である台北探索館ですが、このブログを見ていると行ってみたくなりましたでしょうか?実際、このブログでは展示のうち極一部しか紹介していませんので、台北101観光の際には、是非ここにもよってほしいなと思ったのであります。まあ、説明が英語と中国語しかないってのが一番のネックですけどね・・・。

台湾のエンタメ

台北探索館の観光は、1階〜4階〜3階と見てきまして、後は2階を残すのみとなりました。2階は特別展示ホールということで「コンパクトに美しく」というモットーで質の高い特別展を開いているんだそうです。その展示は、その時期の話題に合わせてハイテク技術を織り交ぜながらのものだとか。楽しみですよね☆

と思ったんですけど、ここでオチが出てきます。

お休み

と思ったんですけど・・・今はなんと休みなんだそうです。これは残念としか言いようがありませんよね。まあ、特別展ってことなので1年中いつでもやっているということではないんでしょうね。また、台北101辺りをブラブラすることがありましたら、今度はやっているか覗いてみるという事にしたいと思います。

出口

さて、その2階から1階に階段で降りると出口になります。ここまでエンタメ以外の展示はほとんど読んだんですけど、大体2時間くらいかかったのではないかと思います。無料の展示館と考えるとかなりの良さなのではないでしょうか? と思っていたんですけど、まだ記事にしていない高雄歴史博物館も無料で良い展示だったんですよね。こちらもいずれ記事にしますので、楽しみにお待ちくださいね。

台北101

では、今度は昼食を食べるために台北101に向かいたいと思います。今日のご飯は小籠包の予定☆

台北探索館の場所と概要

  • 住所:台北市市府路一號(市政府ビル西区 1F-4F)
  • 開館時間:9:00~17:00
  • お休み:月曜日と祝祭日
  • 入場料金:無料
  • 行き方:台北MRT「市政府駅」から歩いて10分くらいです。詳細は上のリンクから地図をご覧ください。

ここからはオマケになります。

電源コンセント

さすがにコレだけだと他の記事に比べて短すぎるので、今回の台北旅行で撮っている写真のうち、独立の記事にしようがないので、いずれ没になっちゃいそうなものを掲載していきます。まず、これはMRT忠孝復興駅で撮った写真ですけど、なんとコンセントです。駅の中の人が行き交う所で堂々と充電するのは恥ずかしいですけど、本当に電気に困った・・ということになれば役に立つのではないでしょうか?

京華城行きバスバス停

そして、こちらはアジアNo.1ショッピングセンターという声もある京華城へ行くためのシャトルバスのバス停になります。このバス停はMRT国父記念館のもの。国父記念館駅の5番出口から出まして直進して、最初の交差点をすぐ右折するとこのバス停にたどり着きます。まあ、実際の所歩いても15分くらいなんですけど、暑い台北なので、出来るだけ楽をしたいところですよね☆

ミニバスの車内

今回のバスはお客さんが少なく、全部で3人でした。ミニバスなので、あまり多くの人に乗られても困ると思うのですが、駅から遠い京華城。地元の人はやっぱりバイクで行くってことなんですかね!?

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ