三巡海南鶏飯(サージェント・ハイナニーズ・チキン・ライス/台北101店)- チキンライスセット(150元)をいただきました。 - とある台湾観光の旅行記録

三巡海南鶏飯(サージェント・ハイナニーズ・チキン・ライス/台北101店)- チキンライスセット(150元)をいただきました。

今回はランチをいただきます。行ったお店は、三巡海南鶏飯(サージェント・ハイナニーズ・チキン・ライス/台北101店)。台北101のフードコートの中に入っているチキンライスを中心としたシンガポール料理のお店ですね。このお店の名前で検索すると、シンガポールのメインストリートのオーチャードロードのお店が出て来たりするので、多分シンガポールのお店なのかな?フードコートのお店としては、レベルが高い方なのではないかと思いました。

本当は鼎泰豊台北101店に行きたかった私!?

台北101

この前は、市政府にある台北探索館の見学を行っていた私。市政府というと、台北101の最寄り駅ですし、ちょっと遅いランチは台北101でいただくことに決定しました。本当は鼎泰豊狙いなんですけど、開店直後に行かないとなかなか入れないお店なので、オチは想像できますよね。

鼎泰豊台北101店

ということで、台北101に到着して、地下のスーパーマーケットやフードコートがあるフロアに到着しました。まあ、予想はしていたのですが、午後1時台の今でもこの大混雑なのです。写真を見る限りは、あまり混雑していないように見えるかもしれませんけど、これは鼎泰豊では待つときに札を渡されて、それで呼び出しを行うので、厳密に列を作っておく必要がないため。まあ、台北101って、超メジャー観光地やから本店に次ぐ混雑であっても納得いきますわね。

で、代わりに食べるのは私の好物チキンライスです☆

三巡海南鶏飯

まあ、これは予想の範囲内であって、代わりに何を食べるかはフードコートの中から選ぶとしましょう。このフードコート、さすが台北101のフードコートだけあってメジャーな国の料理はどこも揃っているという感じです。まあ、日本っぽいお店が多いのは台湾だから仕方ないですよね。で、今回選んだのはこの三巡海南鶏飯

このチキンライスは私の大好物の一つなんですけど、ブログを始めてから旅行のほとんどが台湾になってしまったので、毎年行っていたシンガポールに今年まだ1回も行っていません。難波にチキンライスが食べられるお店があるんですけど、大阪に最近用事がないのでそこもご無沙汰。ということで、もしかすると今年初めてのチキンライスかも!?(ブログ執筆前、昨年12月にシンガポールで食べたのは覚えてるんですけどね。)

ちなみに、チキンライスって、私は旅行好きなので当然知っているんですけど、一般の人でシンガポールに行った事がない人は結構知らないんですよね。時々、難波のシンガポール料理屋さんに友達を連れて行くんですけど、1度も食べた事がない人が多いのには驚きます。そんなチキンライスのもと、ちゃんと楽天では売ってるんですね。しかも、ソースが3種類ついているのが嬉しい!

チキンライスセット

さて、台北101の三巡海南鶏飯のチキンライスセットに戻ります。こちらの値段は150円(=400円くらい)ですね。フードコートにしては普通の値段と行った所でしょうか。チキン・スープ・チキンのスープで炊いたご飯・謎の緑の野菜と定番のセットですよね。

チキンのアップ

こちらがチキンのアップです。チキンライスって、庶民の味だとは思うんですけど、本場シンガポールに行くと200円くらいから2000円くらいまで多種多様です。どっちも美味しいんですけど、高くなると肉質が上がっているだけではなく、なぜか骨が全くなくなるんですよね。高いチキンライスはそれだけ手間がかかっているってことですね。ちなみに、こちらのチキンライスは骨アリでした。

野菜のアップ

そして、謎の野菜のアップ。チキンライスといえば緑色の野菜が必ずセットで付いてくると思います。この野菜は空心菜とはちょっと違う気がするんですけど、やっぱり空心菜なのかな?私はあまり自分で料理をしないので、実はこういったのにあまり詳しくないんですよね。

このソースに付けていただきますわ

チキンライスのソースは2種類でした。私が一番好きな醤油ベースのソースはなく、ジンジャーソースとチリソース。チキンライスのソースと言えば。醤油・ジンジャー・チリの3種類が定番ですけど、一つ欠けるときって、いつも醤油のような気がします。確か、難波のお店でも醤油がなかった気が。この3種類のソースで一番美味しいのは、醤油ベースだと思うんですけど、シンガポール以外だと手に入りにくいんですかね!?

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ