福州世祖胡椒餅(饒河街観光夜市)- ここの夜市に来たら外せませんね - とある台湾観光の旅行記録

福州世祖胡椒餅(饒河街観光夜市)- ここの夜市に来たら外せませんね

さて、台鉄TRAの松山駅からちょっと北にある饒河街観光夜市にやってきました。ここの夜市に来ると、外せないのが夜市の一番東にドーンと店を構える福州世祖胡椒餅なのであります。すぐ近くに胡椒餅の屋台がもう一軒ありますが、こちらだけめちゃくちゃ並んでいるので分かりやすいのではないかと思います。では、食べてみましょう☆

私女だけど、女房を質に入れてでも食べたいと思います。

饒河街観光夜市

さて、饒河街観光夜市の東側の入り口にやってきました。台鉄で来るとこちらの入り口にやってくるんですが、バスは西側の入り口の所にバス停があったので、バスだと逆側の入り口に着くと思います。その場合は、この胡椒餅を食べるために一旦東側に来てから観光をスタートという感じがいいかもしれませんね。

福州世祖胡椒餅に並ぶ

さて、私も福州世祖胡椒餅に並ぶとしましょう。午後5時台から営業開始するこの夜市ではあるのですが、空をご覧の通りまだ早めの午後5時台なのであります。混むと聞いたら、早めに来ないと・・!って思いますよね。

作っている所

列自体はまだ短かったのですが、今はちょうど完成品が切れている所のようなので、しばらく作っている様子を見学します。こんな感じで皮と餡が準備されていて、職人さんたちが次々と作って行くのです。売れるお店だから、本当に次々と作らないと間に合いませんよね。

できました

と、しばらく待っているとようやく胡椒餅が焼き上がったようで、私が購入する順番がやってきました。45元(120円くらい)を支払って胡椒餅を一つ受け取ることにします。

胡椒餅

まだ食べる前の胡椒餅。出来立ての胡椒餅ってめっちゃ熱いので、写真撮影するのが大変なんですよね〜。友達と2人いるとまだ撮影しやすいのかもしれませんけどね。

胡椒餅の中身

熱いけど、写真撮影のために頑張って割ってみました。外の皮は超パリパリなのに、中の肉汁はめっちゃジューシーなのです。無駄にこのようにわっちゃうと、ちょっと肉汁がもれて熱いだけでなく、ちょっともったいないので、皆さんは写真撮影のために割らず、普通に食べるようにしましょうね。

お肉が美味しいのはもちろんですけど、このネギとのバランスが良いんですよね。うちの近所のまずいラーメン屋さんの代わりに、この胡椒餅のお店が入れば、毎日でも食べるのにな〜と思うのでありました。

饒河街観光夜市

  • 住所:慈祐宮(台北市八徳路4段761号)から西の方へ
  • 営業時間:17:00〜25:00
  • 行き方:台鉄MRAの松山駅から北に徒歩3分くらい、バスの路線も多くあります。バス停の名前はズバリ「饒河街観光夜市」

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ