伊丹空港 JALサクララウンジ - 定番のキューサイの青汁。キューサイの由来って気になりませんか!? - とある台湾観光の旅行記録

伊丹空港 JALサクララウンジ - 定番のキューサイの青汁。キューサイの由来って気になりませんか!?

今日は、2012年6月に訪れた伊丹空港のサクララウンジをご紹介したいと思います。現在、ANA伊丹空港の空港ラウンジは改装中でして、なんと8月までの長い期間使えないということです。まあ、ラウンジのあるなしで搭乗する会社を決める人はそうそういないとは思うのですが、もしかすると何人かはそれを機会にJALに乗り換えているという人がいるのかもしれませんね。

空港バス

今日もお決まりの三宮発の空港バスで三宮から伊丹空港までバスで参ります。昼間の時間帯は生田川〜摩耶くらいまで渋滞している事が多いですが、流れる渋滞なので空いている時と5分くらいしか所要時間は変わらないですよね。まあ、事故渋滞だと最悪の結果になってしまうんでしょうけど・・・。

今回は、エレベーターで昇る方のラウンジになりました☆

伊丹空港サクララウンジ入り口

さて、今回の伊丹空港〜羽田空港〜高雄国際空港の搭乗手続を済ませて、サクララウンジの入り口へとやってまいりました。今回の搭乗口は14番ということで、手荷物検査場を抜けてすぐの所にあるラウンジの方が近くになります。個人的には、もう1個の18番搭乗口の所にあるラウンジの雰囲気の方が好きなんですけどね。

エレベータ

手荷物検査場を出てすぐにあるラウンジは、フロアが違いますので上の入り口を入るといきなりエレベータがお出迎えです。こういうパターンって結構珍しいと思いませんか?

キューサイの青汁

そして、ここでいつもいただくのがこのキューサイの青汁なのです。この青汁のジュースサーバー(?)。全く同じものがANAラウンジにもあるんですよね。キューサイ側がANAとJAL両方に営業して、置いてもらうことに成功したということなんでしょうか? 両方にあるってことは関西の会社なのかな?と思ったのですが、調べてみると福岡の会社でした。そもそもキューサイって「九州自然野菜組合」の略だったんですって。へぇ〜と思ったのでありました。

ピーナッツなど

今回もリアルゴールドとピーナッツをいただきます。と言いたい所だったけど、リアルゴールドはここのラウンジではありませんでした・・。記憶違い!? ということで、飲み物はジンジャエールにしました。

椅子

成田空港行きの飛行機が出るまでは1時間くらいありますので、しばし仕事をすることにします。伊丹空港のラウンジはANAもJALもスペースが広くて仕事をするのにはオススメですね。JALの椅子も古そうなものではありますが、こんなにどっしりと構えた椅子なのであります。

机

そして、デスクの方はこんな感じでした。デスクに置いてあるライトが最新っていう感じじゃないですけど、ちょっと昔の高いライトって感じがしますよね。ANAの洗練されたラウンジもいいけど、私はJALのこういったラウンジの内装も意外にお好みなのです。まあ、神戸空港に飛んでないからそこまでは使いませんけどね。

滑走路

私の座った位置から滑走路を見るとこんな感じです。今は飛行機がいないですけど、運が良かったらこの目の前にもど〜んと飛行機が駐機することになるんでしょうか?この感じだと飛行機は駐機しないかも?伊丹空港は羽田などと違って小型機やプロペラ機が多いので、羽田の滑走路を見ながらご飯を食べるエアターミナルグリルキハチとはまた違った楽しみがあるのではないでしょうか。

落ち着くエリア

仕事が一段落ついたので、一番奥のエリアまでやってきました。この奥のエリア。昔は喫煙室だったのか、なぜかガラスで区切られていて、しかも奥の方で目立たないのか、人が少なくて落ち着くんですよね。今日はさらに人が少なくて、なんと私一人しかいないのでありました。これはかなりラッキーなんじゃないかしら!?

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ