さすが台湾(?)と思うような偽物のプレステ2と、台湾で初めて体験するコナミの音ゲー(饒河街観光夜市) - とある台湾観光の旅行記録

さすが台湾(?)と思うような偽物のプレステ2と、台湾で初めて体験するコナミの音ゲー(饒河街観光夜市)

饒河街観光夜市の買い食いが続きますが、前回の記事の最後で突然の大雨が降ってきました。まあ、亜熱帯地域や熱帯地域では突然の夕立というのはありがちなことなんですけど、饒河街観光夜市の過去の記事をご覧いただくと、あまり雨が降る気配がないような気がしていたのに、雨ってのは気まぐれなものですよね。

大雨

こんな感じで写真に撮っていても分かるくらい雨が降っています。そんな中でも、一部の屋台は頑張って通常営業中。中には早くも店じまいをしている所もあるようですけどね。

雨宿りといえば、私の定番はゲーセンでしょうか?

台湾や香港での私の雨宿りの定番といえば、ゲーセンかもしれません。本当はコナミなどの音楽ゲームがすきな私なんですけど、日本だとゲーセンというと、喫煙が出来る所が多いため、臭過ぎて気軽に行けるものじゃないんですよね。でも、台湾や香港ならゲーセンは全て禁煙(たまに違反して吸ってる人いるけど)なので、安心して音楽ゲームを楽しめる訳です。

偽物のプレステ

台湾のゲーセンの景品を見ていると、色々な偽物っぽいものがあって楽しめるのですが、こちらはプレステ2(?)の偽物です。プレステ3かどっちかは分からないですけど、純正でない事は確かですよね。偽物だとしても、やっぱりプレステ2のゲームは遊ぶ事ができるのでしょうか?こういうのを日本に持って帰ると怒られそうなので、持って帰る勇気はないですよね。

コイン

雨宿りを兼ねて50元分くらい音楽ゲームやろうかな〜と思って、コイン購入機に100元札を入れたんですけど、なんと100元分のコインが全部出て来てしまいました。こっちのコイン引き換え機って、そういう仕組みなのか。これは失敗してしまいました。こちらの音楽ゲームは1回20元くらいなので、これだと5回もプレイしないと行けないんですよね。音楽ゲームって結構疲れるので、コレは大変です。

リフレクビート

台湾はコナミの音楽ゲームを見かけることが一番多いですね。他にはセガ・ナムコ・韓国メーカー・地元メーカーのものもあるようですが、コナミの音楽ゲームが質が良いんでしょうか。で、今回は日本で多分人気で、私が今までに一度もプレイしたことのないリフレクビートというゲームに挑戦します。

ホムホム

とりあえずは、このブログ上での名前にちなんで「HOMUHOMU」と名付ける事にしました。自分のプレイ店舗が表示されるのですが、饒河って漢字は入っていないんですね。似た漢字で代用していますよね。まあ、日本のゲームだから仕方ないか。

LEVEL5

ゲームのルールは興味のある方が少ないので省略しようと思いますが、このゲームには私のブログのタイトルの由来となった、私が3番目くらいにすきなアニメ「とある科学の超電磁砲」の曲が2曲も入っていました。このブログをご覧の方でこの曲を知っている方なんて、100人に1人くらいしかいないと思うんですけど、やはりゲーム好き=アニメ好きなんですかね?

曲のタイトルはLEVEL5ですけど、これって一般の人からすると、TMレボリューション?って思っちゃうんじゃないかしら。TMRはLEVEL4ですけどね。この曲、私が子供の頃はやっていました。

jubeat copious

コインが余っているので、続いてjubeat copiousというゲームに挑戦。こちらは稼働初期からちょくちょくプレイしているので、かなりレベルの高い曲に挑戦しています。こちらも「とある科学の超電磁砲」の曲。コナミの音楽ゲームの製作者って、このアニメ好きなのかしら!?

初音ミク大会

ちなみに、セガから最近話題の初音ミクのゲームが発売されているのですが、台湾でこの初音ミクの音楽ゲームの公式大会をやっているようです。セガって会社としてはパチンコ部門(旧Sammy)以外あまり儲かっていなさそうなイメージですけど、このようにゲーム好きな人のためのイベントなどは力が入っているイメージですね。

饒河街観光夜市

  • 住所:慈祐宮(台北市八徳路4段761号)から西の方へ
  • 営業時間:17:00〜25:00
  • 行き方:台鉄MRAの松山駅から北に徒歩3分くらい、バスの路線も多くあります。バス停の名前はズバリ「饒河街観光夜市」

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ