神戸三宮〜伊丹空港のバスを安く乗るための金券ショップとJAL118便 伊丹空港〜羽田空港(非常口座席) - とある台湾観光の旅行記録

神戸三宮〜伊丹空港のバスを安く乗るための金券ショップとJAL118便 伊丹空港〜羽田空港(非常口座席)

今回は神戸三宮〜伊丹空港までの空港バスに乗るための金券ショップの場所と、JAL118便の伊丹空港〜羽田空港についてご紹介したいと思います。神戸三宮から伊丹空港のバスは普通に買うと1,020円かかります。渋滞がないと30分ちょっとで行ける距離の割には高いかな〜と思うのですが、阪神高速〜名神高速〜阪神高速とちょっとお金がかかる経路を通るので致し方ないのかもしれませんね。

その空港バスのチケットですが、普通に三宮駅から空港バス乗り場の方に向かうと、三宮駅を出て西側すぐにバスのチケットを売る自動販売機があるため、そこで定価で買ってしまいがちなのですが、そこでは我慢して西側に直進し、バス乗り場を通り過ぎてほしいと思います。

昔から営業している金券ショップ。いつもお世話になっています☆

空港行きバス券

バス乗り場を超えて大体100歩くらい歩くと金券ショップの「レンタクロース」に到着です。本当は金券ショップっていうのは間違いで、金券ショップというよりは普通のショップなんですよね。まあ、私は入り口のところでバス券だけ買うので、中に入った事はないんですけどね。ここでバス券を買うと970円になるので、50円を節約することができます。三宮から伊丹空港までバスに乗る方は、覚えておいてくださいね。

阪神バス

三宮から伊丹空港までは阪神バスと大阪空港バスのどちらかがやってくるのですが、今回は阪神バスの順番だったようです。阪神バスはPitapaが使えなくて、大阪空港バスはPitapaが使えるというくらいの違いなんですが、Pitapaで乗っている人なんて見た事ないですね。Pitapaは基本クレジットカード一体型というのが、普及を妨げているのでしょうか!?便利だとは思うんですけどね。

バス車内

そして、三宮から伊丹空港に参ります。この路線。朝と夕方以降はいつも混んでいるんですが、昼間は30分に1本でも意外に空いています。まあ、昼間だったら、どこの路線でもこんなものなのかな?昔を思い起こすと、神戸空港が出来る前は昼間でも15分に1本だったんですが、やはり神戸の人には神戸空港が根付いているってことなのかもしれませんね。

こちら側の非常口座席に座るのは非常に珍しいかも!?

JAL118便

そして、伊丹空港から羽田空港に移動して国際線の飛行機に乗り継ぎをしたいと思います。今回乗る飛行機は、JAL118便の羽田空港行きです。

非常口座席

今回も非常口座席をキープできたので、クラスJへのアップグレードは行いませんでした。で、このブログでは非常口座席に陣取る事が多いんですけど、通常は飛行機の右側の非常口座席だけ取れるようになっていることが多いんですよね。あまりに左側が取れないので、ここは超常連さん専用席かと思っていましたが、今回は私でも予約する事が出来ました。国際線のチケットだとルールが変わるのかも!?

コーヒー

そして、機内でのドリンクはコーヒーをいただきます。JALの機内のコーヒーは昔から力を入れていますよね。

ソリュブルコーヒー

  • [使用豆]アラビカ豆100%
  • [対 象]国内線クラスJ/国内線普通席

おいしいインスタントコーヒーを作りました。最近深煎りの苦味を強調したコーヒーが主流ですが、本来コーヒーはその酸味を楽しむ飲み物です。酸化したコーヒーの酸っぱさと酸味は違います。

JALのウェブサイトから抜粋しますと、国内線でもこのようにちゃんとしたコーヒーを提供してくれています。国際線のビジネスクラスの座席(特に高雄便!)など、JALはセコい所はセコいな〜と思うのですが、気合いを入れたサービスを行う部分は徹底しているということなんでしょうね。

ちなみに、このソリュブルコーヒー。なんか名前が特別だから特別なのかしら!?と思って調べてみたのですが、なんと言う事はありません。「インスタントコーヒー」の別の言い方なんだそうです。なんだ〜、めっちゃ高そうなコーヒーだな〜と思ったんですけど、やっぱり普通席でそんなに高級ーヒーが出る訳ないですよね。でも、美味しくいただけるコーヒーだとは思いますので、やはりJALに乗ったら是非ともいただきたいコーヒーですよね。

JAL118便 伊丹空港→羽田空港(非常口座席)

  • 今回の搭乗マイル(ボーナス込み)→ 378マイル
  • 今回のフライオンポイント→ 1,072ポイント

この記事を読んだ方は、こちらの記事も合わせて読んでくださっています☆

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © とある台湾観光の旅行記録 All Rights Reserved.
ブログパーツ